人気ブログランキング |

EXO\'s Suho celebrates his first solo EP \"Self-Portrait\" with a \'Live\' #TwitterBlueroom Session_a0390018_18203895.jpg


SEOUL, KOREA, Mar 26, 2020 - Twitter Korea will host a 'live' #TwitterBlueroom Q&A session with Suho, member of the popular Kpop boy band EXO (@weareoneEXO), on March 26th at 6PM KST. A special emoji has been created in line with the theme of his first EP titled "Self-Portrait," which will appear automatically when fans use the hashtags #SUHO, #Self_Portrait, and #LetsLove from March 26th onwards. Suho's first solo EP will be officially released on March 30th.

EXO\'s Suho celebrates his first solo EP \"Self-Portrait\" with a \'Live\' #TwitterBlueroom Session_a0390018_18204385.jpg

https://twitter.com/weareoneEXO/status/1242420926685138948
Photograph: Suho's Tweet announcing his live Q&A session on #TwitterBlueroom

In this special Q&A session, Suho will share more about his new album "Self-Portrait," his plans as a solo artist, and what he has been up to recently. Fans can watch the live #TwitterBlueroom on EXO's official Twitter account (@weareoneEXO), and interact with him directly using the hashtags #TwitterBlueroom and #SUHO, or within the live chatroom.

Furthermore, Suho will be doing a special unboxing segment during his live #TwitterBlueroom. He will unveil his EP package for the first time, which consists of an album cover, booklet, postcards, as well as regular and special photo cards.

Suho will also feature the winning illustrations from the drawing contest entered using the hashtag # [*1] (Drawing Contest for the World's Best, SUHO) held on EXO's official Twitter account (@weareoneEXO) earlier this month. Fans had to post illustrations of SUHO on Twitter with the hashtags, #SUHO, #Self_Portrait, # [*1], and more. The contest received overwhelming submissions from fans all around the world, propelling the hashtag # [*1] to trend as it had more than 100,000 mentions between March 12th to 20th (data as of March 24th).

Meanwhile, after Suho Tweeted a video teasing his EP promotion schedule on March 16; the hashtag # [*2] (Our Jun-myeon), which is Suho's real name, quickly trended No. 1 on Twitter. The hashtag #AskSUHO also trended No. 1 worldwide on Twitter after he Tweeted about his #TwitterBlueroom on March 24.

Check out the hashtags #SUHO, #Self_Portrait, and #LetsLove; or follow @weareoneEXO to stay updated with Suho's first EP launch and what's happening on Twitter!

About Twitter

Twitter, Inc. (NYSE: TWTR) is what's happening in the world and what people are talking about right now. On Twitter, live comes to life as conversations unfold, showing you all sides of the story. From breaking news and entertainment to sports, politics and everyday interests, when things happen in the world, they happen first on Twitter. Twitter is available in more than 40 languages around the world. The service can be accessed at twitter.com, on a variety of mobile devices and via SMS. For more information, visit about.twitter.com or follow @TwitterKorea. For information on how to download the Twitter and Periscope apps, visit twitter.com/download and periscope.tv.

Media Contact
Heejung Shin
Twitter Korea
Email: Heejungs@twitter.com
Twitter: @xinxi1

Some terms in this release are displayed in Korean as indicated with asterisk. Please refer to the full release at https://www.media-outreach.com/View/31079/
# by jcnnewswire | 2020-03-26 18:22 | Comments(0)

山田コンサルティングとZICO、日本企業およびASEAN中堅中小企業間の資金調達ギャップを埋めるアドバイザリーサービス・プラットフォームを開始_a0390018_13341994.jpg


1,000万米ドルから5,000万米ドルの投資規模をメインターゲットに

シンガポール/東京, 2020年3月26日 - (JCN Newswire) - 山田コンサルティンググループ株式会社(以下、「YCG」)とZICO Holdings Inc.(以下、「ZICO」)は本日、日本の投資家らとASEANの中堅中小企業との間の大きな資金調達ギャップを埋めるため、アドバイザリーおよびコンサルティングサービスの共同プラットフォームを提供することを発表しました。1,000万米ドルから5,000万米ドルの投資規模のプロジェクトを中心にサービスを行います。

本戦略的提携契約への署名は、東京証券取引所市場第一部に上場している日本の大手独立系コンサルティングファームであるYCGの増田 慶作 代表取締役社長と、シンガポール証券取引所カタリスト市場に上場する総合専門サービス会社であるZICOのChew Seng Kokマネージングディレクターによって行われました。

今回の提携は、COVID-19危機によって悪化し先行きが不透明な経済の中で行われます。日本企業の多くは、高齢化や国内成長の鈍化に直面し、企業買収による変革を加速させている一方で、ASEANの中堅中小企業は、従来の銀行借入ではなく戦略的事業投資家からの資金調達手段を緊急に必要としています。

YCGは、国内13都市、ASEAN、上海、ロサンゼルスにオフィスを構え、900人を超える従業員を擁し、2019年3月31日までの過去3会計年度の税引前利益は平均2,240万米ドルを計上しています。同社は、特に日本企業向けの成長支援・事業再生および事業承継コンサルティングを中心として、企業買収、提携、ビジネスネットワークの拡大の機会を求める顧客基盤を有しており、YCG-ZICOプラットフォームにおいて主に投資家サイドへ価値提供をします。

投資対象の会社となるASEANの中堅中小企業は一族経営で、内部資源に依存する傾向があり、銀行借入や外部投資家へのアクセスを活用できていないケースが多くあります。足元の経済環境の悪化は、これをさらに深刻化させる可能性があります。

これらの要因が重なって、YCG-ZICOプラットフォームは、ASEANでの優良なビジネスターゲットを模索している日本の事業投資家、プライベートエクイティや機関投資家にアクセスするより信頼性の高い機会を提供します。日本企業はそのようなターゲットを求めて、玉石混合の情報の中から投資機会を模索してきましたが、本プラットホームは変革のペースの加速に寄与します。

YCGとZICOは、ASEANの中堅中小企業に対して、専門的なサービス・サポートやこれらの企業へのアクセスのほか、IPO前の投資家、メザニン資本やプライベート・エクイティのプロバイダへのアクセスも提供します。当初は1,000万米ドルから5,000万米ドルの投資規模のプロジェクトをメインターゲットとします。また、このプラットフォームは、YCG及びZICOの専門知識を活用して、コンサルティング、企業再編サービスも提供します。その結果、事業投資家の事業及び投資対象企業の事業の成長、中堅中小企業の事業承継や変革を実現し、最終的にIPOや売却の出口を迎えることを目的としています。

投資を考える日本企業の背景の一部には、日本の株主がより高いリターンとパフォーマンスを求めていることが背景にあります。YCGの増田 慶作氏は、推計[1]によると、日本企業の63%が3ヶ月ごとに直接投資ポートフォリオを見直し、そのうち約半数が一年以内に企業を買収する意向を示していることを明らかにしました。

YCGの投資家層の内訳について、食品・飲料部門、土木・建設部門がそれぞれ26.3%を占め、エネルギー・石油・ガス部門(15.8%)、IT・デジタル、物流部門(各5.3%)、その他(21.0%)と続いていると増田氏は述べました。

YCGは日本からの戦略的投資家を紹介する一方、ZICOはASEANのターゲット企業に関する現地での深い知見や洞察を提供できるパートナーや専門家のネットワークを活用します。

YCGとZICOは、投資、売却、その他の手段を模索している企業の収益と収益性を向上させるための支援を行います。両社は、コーポレートファイナンスおよびM&Aアドバイザリー案件の開発・実行、国際的な買い手と売り手の特定・促進、セルサイドおよびバイサイドのマンデートの作成・確保・実行、コーポレートファイナンスクライアントの地理的買収戦略の支援を行います。

それぞれの地域における強力なネットワークとクライアントとの深い関係を背景に、両地域間の投資・資金移動や取引関係の拡大の機運が高まることが期待されます。

今回の戦略的提携について、増田 慶作氏は次のように述べています。「日本企業のASEANへの投資意欲は以前にも増して高まっています。今回のCovid-19が沈静化した後、日本とASEAN間での投資が再度急増し、双方の協力関係がより促進されることを期待しています。私たちはZICOを両地域間の経済的な架け橋を築くという志を共有するパートナーであると考えています。」

Chew Seng Kok氏は次のように述べています。「今回の戦略的提携は、日本の投資家やASEANの企業に対するアドバイザリーやコンサルティングサービスを提供するためのプラットフォームの基盤を築くものです。これにより、買収対象を模索している日本企業と、国際的な投資家への投資や事業売却を考えているASEAN企業、特に中堅中小企業との間で、このようなサービスの提供が容易になります。」

また、今回の戦略的提携の一環として、ZICOはマレーシアのセルサイド・アドバイザリー会社2社との個別契約を締結したことを発表しました。Sage 3 Sdn. Bhd.は、債務再編や融資を含む幅広いサービスを提供する同国を代表する企業財務アドバイザリー会社であり、Andersen Corporate Restructuring Sdn. Bhd.は、企業再編を手掛けるブティックファームです。両社はともにマレーシアに幅広い顧客基盤と強力な専門家ネットワークを有しています。

このようなマレーシアの独立系大手企業との提携は、事業拡大のために、日本からの資本や投資を求めている企業に貴重なアクセスを提供します。その結果、ASEANにおける日本の投資家の企業買収・投資先の特定を容易にすることにより、ZICOとYCGの連携強化に重要な役割を果たすことになります。

[1] 出典: EY 2019年6月17日、事業ポートフォリオ再構築の影響により、グローバル企業のM&A取引意欲は過去10年で最高レベルに (https://www.eyjapan.jp/newsroom/2019/2019-06-17-en.html)

山田コンサルティンググループについて

山田コンサルティンググループ株式会社は、東京証券取引所市場第一部に上場しており、財務コンサルティング業務を手掛けています。事業内容としては、経営コンサルティング事業、不動産コンサルティング事業、ファイナンシャルプランナー(FP)関連事業、投資・ファンド事業を展開しています。経営コンサルティング事業は事業再生、事業運営、財務コンサルティング等を行います。FP関連はFP等の資格取得講座販売、企業研修、保険コンサルティングを行います。投資・ファンド事業は投資事業組合等の組成・運営、投資事業を行います。同社は1989年7月10日に設立され、東京に本社を置いています。詳細については、 https://www.yamada-cg.co.jp/ をご覧ください。

ZICO Holdings Inc.について

ZICOは、ASEAN地域を中心とする総合専門サービスの統合プロバイダであり、アドバイザリーおよび取引サービス、管理・支援サービス、ライセンス供与サービスを提供しています。ZICOは、その総合サービス、地域的な能力、現地の洞察を通じて、顧客が東南アジア全体の事業機会を活用できるようにしています。

現在、当社グループは (i) アドバイザリーおよび取引サービス(以下、「ATS」)、(ii)経営支援サービス事業・ライセンス供与サービス(以下、「MSSL」)の2つの主要な事業セグメントを運営しています。

ATSでは、ZICOはリーガルサービス、シャリア・アドバイザリー、信託アドバイザリー、コーポレート・サービス、コンサルティング・サービス、投資家サービス、ウェルス・マネージメント・サービス、コーポレート・ファイナンス・アドバイザリー・サービス、移民サービスを提供しています。ZICOは、関連する法域で許可された範囲内でのみリーガルサービスを提供します。その他の法域においては、ZICOは現地の専門家の規制に従い、ZICOlawネットワークの会員である独立系の法律事務所と協力し、支援しています。現在、ZICOはミャンマー、ラオス、タイでリーガルサービスを提供しています。

MSSL事業では、ZICOlaw ネットワーク会員およびグループ内の特定の事業体に対して、地域マネジメントサービスおよび事業支援サービスを提供しています。

ZICOはまた、ZICOlaw ネットワークの会員およびグループ内の特定の事業体に対して、「ZICO」、「ZICOlaw」、「ZICOlaw Trusted Business Advisor」の商標のライセンス供与も行っています。

ZICOは、インドネシア、ラオス、マレーシア(ラブアンを含む)、ミャンマー、シンガポール、タイで事業を展開しています。同グループは、ZICOlawネットワークの既存の地域プレゼンスを強化し、ASEAN全10カ国へリーチを拡大しています。詳細については、http://www.zicoholdings.comをご覧ください。

報道関係者からのお問い合わせ先:

WeR1 Consultants Pte Ltd
3 Phillip Street #12-01, Royal Group Building
Singapore 048693
Tel: +65 6737 4844
Email: zico@wer1.net

山田コンサルティンググループ株式会社
シンガポール支店
78 Shenton Way #24-01
Singapore 079120
Tel: +65 6221 7727
Email: asean-support@yamada-cg.co.jp
# by jcnnewswire | 2020-03-26 13:35 | Comments(0)

T2.0まもなくアップグレード HUOBIとUPの間に巨大な裁定取引ができる_a0390018_14410990.jpg


公式よりTTチェーン技術チーム何度もテストを経まして、PaLa R1全部の機能がテストネットでスムーズに利用することが確認できました。北京時間 3月17日 15:00-16:00からPaLa R1をThunderCoreにアップグレードする予定です。先ず、HUOBI GLOBALに配置してから、 UPBITも続けて配置します。この二つの取引所のサイト配置が完成後、TTチェーンがHUOBI GLOBALと UPBITで相互出、入金ができます。TT貨幣が全世界での流通と開拓の共通認識を実現します。

T2.0まもなくアップグレード HUOBIとUPの間に巨大な裁定取引ができる_a0390018_14423794.jpg

前公式が発表されたニュースによって、TTチェーンは3ラウンド(R1、R2、R3)に分けて、主ネットに対してアップグレードいたします。TTチェーン主ネットPALAが完全と対外開放の基礎を打ち立てます。PALAが安全な性能を上がりして、TTチェーンの運転効率と取扱い能力が高めました。

ずっとTTのことを関心持ってる方は気が付くかもしれませんが、HUOBI GLOBALのTT価格は大体0.033RMBくらい、UPBITのほうは11.9KRWくらいに維持してます。差額は倍以上があります。これはいくつか共通認識者に金利裁定取引を運んで巨大な利潤の空間を提供しました。同時に中国市場TTの価格が過小評価されまして、未来は国内の国際取引所が全般に通じて、TTの価格が伸びる可能性もあります。

ThunderCore主ネットは2019年3月から始まって、すぐ確認を実現し、TTチェーンのプロジェクト運用すでに始まって、プロジェクトの生態が起動しました。ETHが互換性ありスマートコントラクトAPIを提供し、開発者は何分内にETHをTTチェーンに配置することができます。すぐ確認の特性に、日常の支払いを待ち時間0になって、数字資産をインフラのランクの金融商品になります。同時に、この技術は伝統銀行の体系を離れて、新しいシステムを作れます。全世界越境支払い産業の道が開けます。

現在、TTチェーンにTT-USDTは全世界最も人気の貨幣資産になってます。全世界のプロジェクトがTT-USDTを一歩一歩完成します。例::ThunderCore Hub、Trust WalletなどのウォレットはTT-USDTの出、入金を支援します。TT-SwapでTT、TT-USDTの直接交換はできます。TT-USDTをもってあれば、チームの開発などをThunderCoreで利用できて、TTチェーンの高効率を感じます。例:TT-USDTはUSDTをすぐ確認できます、高TPS(4000回/S)など、待ち時間はいりません。ETHでのDAppをTTに移動する際に、生態系の時間も短くにします。TTチェーンユーザーと開発チームがブロックチェーン利用する際に、共有資源と他のブロックチェーンの利用者に惹かれてます。

Media contact
Company Name: Thundercore
City, State, Country: Kuala Lumpur, Malaysia
Contact Person: Marcus
Email:info@thundercore.com
Tele: +601127674710
Website: Thundercore.com

# by jcnnewswire | 2020-03-25 14:42 | Comments(0)

中国のスマート広告テクノロジー企業であるSocialPetaが日本市場に参入_a0390018_14071435.jpg


オンライン広告インテリジェンス分析プラットフォームであるSocialPetaは、45の国/地域に参入した後、正式に日本市場に参入した。SocialPetaはモバイルアプリケーション、ゲーム、eコマースという分野に広告セグメントプラットフォームが68個ある。同社は1日あたり6億回以上広告を掲載し、日本の広告主や代理店の広告パフォーマンスの向上に役立つ。

中国のスマート広告テクノロジー企業であるSocialPetaが日本市場に参入_a0390018_14083659.jpg

過去10年間で、デジタル広告業界は急速に発展していた。デジタル広告は使いやすく、効率的であり、広告主にとって重要なマーケティングツールになる。過去2年間で、デジタル広告のコストが12%アップされたことで、広告主は配信戦略にもっと注意を払わざるを得なくなった。SocialPetaは2016年に設立され、ついに日本市場に参入した。SocialPetaには広告セグメントプラットフォームが68個あり、45か国で運営されている。同社は1日あたり6億の広告を掲載し、配信データの分析と競合他社の分析を提供し、日本の広告主と広告代理店に広告効果を改善できる。

FacebookやAlibabaなどの大手会社にサービスを提供
SocialPetaはFacebook、Google、Alibaba、Netease Games、Baidu、Perfect World、Toutiaoなどの数百の企業にサービスを提供している。 SocialPetaのプラットフォームは、広告配信の詳細を追跡し、広告配信の改善提案を提供し、ブランド分析、競合他社分析、および垂直的な業界配信戦略を提供できる。

SocialPetaの創設者であるRocksは「日本市場での当社のビジネスは、グローバル市場ネットワークをさらに拡大できます。過去5年間の成功経験によると、絶対に日本の広告主により良い広告データ分析サービスを提供します。また、より多くの日本企業へ広告のアイデアを充実させ、広告データを改善し、流通効率を高められます」と述べた。

広告ブロックソフトウェアのコストは企業に年間1,000億ドル損失させた
従来のチャネルと比べると、デジタル広告のほうは多くの分析ツールをサポートできるが、透明性の問題もある。コストの上昇にもかかわらず、広告主は広告の配置とパフォーマンスを追跡できない。さらに、Adblockというような広告ブロックソフトウェアの急増により、オンライン広告主に2019年に1,000億ドル損失させた。従って、SocialPetaは完璧なソリューションを提供した。同社のビッグデータとインテリジェント技術は、広告市場分析、アプリケーションインテリジェント分析、広告クリエイティブ分析、広告コスト分析、広告ウェブサイトのメディアおよびチャネル分析など、さまざまな分析機能がある。広告主にとって無効な広告費用を節約し、広告の効果を向上させるのに役立つ。

連絡先:Rock Su
メール:rocks@vip.socialpeta.com
ウェブサイト:www.socialpeta.com
# by jcnnewswire | 2020-03-25 14:08 | Comments(0)

昭和電工、日立化成株式会社株式(証券コード 4217)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ_a0390018_16060757.jpg


東京, 2020年3月23日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(以下「昭和電工」といいます。)の完全子会社であるHCホールディングス株式会社(以下「公開買付者」といい、公開買付者と昭和電工を総称して、以下「公開買付者ら」といいます。)は、公開買付者らが2019年12月18日付「日立化成株式会社株式(証券コード 4217)に対する公開買付けの開始予定に関するお知らせ」にて公表しておりましたとおり、同日、公開買付者の代表取締役において、公開買付者が、日立化成株式会社(コード番号 4217、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」といいます。)市場第一部上場、以下「対象者」といいます。)の普通株式(以下「対象者株式」といいます。)を金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。以下「法」といいます。)による公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)により取得することを決定しておりました。

本公開買付けは、国内外(日本、中国、韓国、米国、欧州連合及び台湾)の競争法に基づく必要な手続及び対応が完了すること等一定の事項が充足されること(又は公開買付者により放棄されること)を本公開買付け開始の前提条件(詳細は、下記「1.買付け等の目的等」の「(1)本公開買付けの概要の(注1)」を ご参照ください。)としており、公開買付者らは、当該前提条件が充足された場合(又は公開買付者により放棄された場合)、速やかに本公開買付けを開始することを予定し、2020年2月頃には本公開買付けを開始することを目指しておりましたが、公開買付者らが2020年2月28日付「日立化成株式会社株式(証券コード 4217)に対する公開買付け実施に向けた進捗状況のお知らせ」にて公表しておりましたとおり、各国における競争法に基づく手続及び対応のうち、一部の国における競争法に基づく手続及び対応に時間を要しており、本公開買付けの開始時期は、2020年3月以後となることが見込まれておりました。今般、公開買付者らは、当該前提条件が全て充足されたことを確認したため、本日、昭和電工の取締役会及び公開買付者の代表取締役において、本公開買付けを2020年3月24日より開始することを決定いたしました。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/assets/files/news/2020/20200323_sdknewsrelease_j.pdf

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室 03-5470-3235
# by jcnnewswire | 2020-03-23 16:37 | Comments(0)

The Impact of Hospitals on Accelerating the Spread of Coronavirus_a0390018_12282287.jpg


Setting a Goal to Test and Treat Coronavirus Patients in Their Own Treatment Facilities

TOKYO, Mar 21, 2020 - (ACN Newswire) - Consultants at Azabu Insights wanted to understand the stark differences between mortality rates in Korea (currently 1.1%) and Italy (8.3%). We felt that current explanations suggested by virologists, while making a number of valid points, have ultimately been unsatisfactory.

Azabu Insights presents the hypothesis that hospitals may have been one of the breeding grounds for virus infection in Italy and this may have been one of the causes of the high mortality rates. This is a major concern, going forward, for other countries including the United States.

Azabu Insights recommends that policy experts and hospital management carefully consider existing practices to ensure that potential carriers of coronavirus can access to testing and appropriate treatment without spreading the virus to other persons in the healthcare facility. We think that the highly contagious nature of COVID-19 suggests a need for more isolated facilities and stricter measures than have been implemented, in many cases, thus far.

We urge that the successful policies implemented to curb the early outbreaks in China and Korea, including those around hospital isolation and safe testing, should be examined and implemented when appropriate.

Exploring Macro Drivers Behind Infection and Mortality

Previous articles have noted that many of those who died in Italy were older, male, and often smokers. Experts agree that these traits are key risk factors in severe COVID-19 infections (as they are for many other respiratory diseases). It has been argued that these attributes are reflective of broader Italian society, particularly citing Italy's age profile, and by extension proving why Italy's outbreak has been so deadly. We contrasted this with Japan and Korea, which share Italy's characteristics of aging populations with high smoking rates and have also seen coronavirus outbreaks in recent weeks.

Firstly, we examined the key macro data. According to the World Bank, 23% of Italians are over the age of 65, making it the oldest nation in Europe. Note however, there are 16 European countries where at least 20% of the population is over 65, so Italy is by no means a large outlier. Compared with Italy, Korea is a little younger with 18% of its citizens over 65 however Japan is significantly older with 27% of its populace 65 or older. Digging a little further we see that in Cremona, one of the areas hit hard by the northern Italy outbreak, almost 33% of people were over the age of 60 compared with 38% over 60 in Japans Kitami, the site of Japans main outbeak. With regards to smoking, overall smoking rates are higher in Korea (24%) and Italy (22%) than in Japan (18%). However in Korea, men's smoking rates are much higher at 34% than the 27% of Japanese males and the 23% of Italian men who currently smoke.

These numbers suggest that Japan and Korea, at best, both share similar risk factors to Italy and arguably look much poorer than their European counterpart. Given this, Azabu Insights asserts there are other factors that are driving the speed and intensity of the Italian outbreak.

Partly Result of Tested Populations

Part of the effect of the disparity can be accounted for by the disparity in tested populations. Korea has tested aggressively, with over 286 thousand people (second only to China's 320 thousand) tested and 3% testing positive. They tested broadly across all age groups with 28% of test subjects 20-29 years old and 58% under the age of 50. In turn many of the younger Koreans tested positive for COVID-19. It should come as no surprise that the mortality rate would be lower amongst this group of younger people because younger people have a lower mortality risk from the outset.

Italians have conversely seen a high 21% of those tested, return positive COVID-19 results (seven times higher than Korea). This says to us that the people who received the tests may have been chosen differently. Perhaps, in Italy, they prioritized (as would make sense) testing of the old, those at risk and those with severe symptoms. We know that the survival rates decrease significantly over 70 and further after 80, so the widespread reports that most people who died were over 70 did not surprise us.

To state it simply: if you find a large number of positive cases among young people, who are not at risk, you would expect few of them to die. If you find a large number of positive cases amongst older at-risk people, you would expect more of them to die. It is an example of Bayess theorem.

But testing differences alone, likely do not account for the sheer numbers of deaths in Italy, which have now surpassed those in China.

Risk of Infection at Hospitals

At Azabu Insights we have interviewed hundreds of doctors face to face over the last five years. We travel to all corners of Japan to meet directly with doctors in their hospitals. A key observation, something that nearly everyone who visits a hospital should know by gut intuition: the primary demographic in a hospital is the elderly. Confirming the data we see that in Japan, 73% of all people in hospitals are 65 or above and 53% are 75 or above. We are confident that these percentages are likely similar in demographically comparable Italy and in many other parts of the world.

This leads to examination of testing procedures for highly infectious diseases. Korea's testing regime, discussed earlier, has seen a number of novel and innovative solutions. It is possible to be tested for coronavirus in a drive through in just a few minutes. Other than the obvious convenience, this has the core benefit of not needing to walk through a hospital waiting room and risk infecting the other patients and the hospital staff.

In Japan interviews with the president and vice president of two major Japanese hospitals highlighted similar concerns. The first doctor was actively sending people with symptoms away from the hospital to get treated elsewhere. The second doctor had temporarily refused to see measles patients at his hospital. Both of these health practitioners did this to protect their own patients from in hospital spread.

In contrast we see that 10% of healthcare workers in the Lombardy region of Italy have contracted coronavirus. In one region, 20% of all GPs are confirmed to have coronavirus. In both cases, many of them are continuing to work given the well documented shortage of healthcare workers in Italy right now. On top of this, a study of 138 patients in Wuhan, China, suggests 41% of patients may have been victims of hospital-related transmission. This further suggests to us that hospitals are perhaps the worst place to be during a viral epidemic. Yet hospitals are hard to avoid for people in need of medical care. This is especially challenging for the elderly (age 75) who are 6.5 times more likely to be in a hospital than younger adults (age 35).

The SARS Effect on Treatment Patterns

We have extensively reviewed published data and studies, looked at various government recommendations, as well as examining popular published media outlets. In past outbreaks such as SARS, cases of asymptomatic spread were low and in-hospital spread was considered controllable through the use of masks and other standard procedures. In the case of coronavirus however we see clear evidence of both asymptomatic spread and spread from within the hospital system. However we believe that the role of asymptomatic spread and from within the hospital system remains significantly underestimated.

We believe that public policy and messaging in many countries is still largely based on previous outbreaks such as SARS and has failed to keep pace with the reality of how the coronavirus is spread. In contrast, China and Korea have adapted quickly and changed how they approach the management of this pandemic. In particular, they have shown that aggressive isolation of patients from the regular hospital system, including preventing congregation at test centers and separating coronavirus patients from regular patients in completely separate hospitals, can be an effective tool in controlling the spread of the coronavirus. We encourage policy makers in other countries, such as the US, to look to their example for ways to update their approach to better manage the current crisis.

Available Beds and Isolated Treatment Facilities

For patients that require treatment due to more severe coronavirus symptoms, the availability of physically separated treatment or in hospital isolation facilities is key to limit the hospital related transmission alluded to in the above paragraphs. We believe that China for example, did this very effectively by building two hospitals and acquiring gyms just to treat COVID-19 patients.

We examined available hospital capacity, with a focus on the ability to isolate and treat infectious disease. For standard hospital treatment, research shows that Japan is the most equipped globally with 13.4 beds per thousand people, followed by Korea with 11.5 beds per thousand people. This contrasts with most other developed countries which typically have anywhere from two to eight beds (2.9 in USA, 2.8 in UK, 3.4 in Italy) per thousand people. The real concern however is the number of beds that are available to treat highly infectious diseases. Taking conservative Japan as our baseline, we found that only 0.12% of all of Japan's beds are set up for infectious diseases and 0.32% are tuberculosis certified.

We know from reports that 16% of people in Lombardy hospitals had coronavirus. We believe that its very likely that small hospitals in the countryside of Italy were over run with too many people that had the virus. Despite reports of operating rooms being turned into seclusion units on a best effort basis, we have serious concerns about the ability of the hospitals to limit the spread of coronavirus within their institutions. This can lead to the worst case scenario where the infected patients spread the disease both to healthcare workers and to other patients resulting in the deaths of the already at-risk patients. From this perspective we think that the typical concern of running out of respirators, though important, the earlier measures of keeping the patients from spreading the virus may be more important.

Next Steps and Best Practices

We believe that the risk of testing and of treating people in regular hospitals is being fully underestimated. We feel that hospitals overestimate their ability to keep the virus from spreading in their hospitals.

Our suggestion is that as the United States begins its testing and particularly as it ramps up, they should be extremely careful and learn from the experience of countries such as China and Korea. All testing should be conducted at designated locations that are not physically connected to hospitals where there are other patients. No patients should be allowed to congregate or wait.

An ideal situation would be one in which coronavirus patients could be treated in their own, completely separate hospitals, as has begun to happen in Northern Italy, and in parts of the United States, but, we feel, not broadly enough.

Further, the major hospitals must immediately decrease the number of people they treat. This goes for Japan as well, no longer should hospitals allow large waiting rooms filled with people. All non-essential procedures should be delayed. Again we have heard anecdotal reports of this occurring in the US and other countries already, but not universally.

In addition we recommend that any worker at a major hospital should be tested, at least for temperature, before going into hospitals and aged care facilities. Visitation, by people who may be asymptomatic carriers, should be severely limited. Everyone who goes into hospitals should wear masks, minimize touching and speaking, and should not be waiting in centers together.

Azabu Insights believes that these best practices should be implemented in conjunction with existing recommendations for limiting community spread including, but not limited to, hygiene and hand washing, wearing masks in public places if available, avoiding crowded places and working from home where possible.

About Azabu Insights

Azabu Insights is a boutique strategic consulting company based in Azabu Juban, Tokyo, Japan. Our teams work collaboratively with clients to build strategies that lead to positive change. Our multilingual team members have top tier academic backgrounds and deep industry experience that we leverage to provide first class, fully engaged, strategic consulting. Core specializations include life sciences, finance, electronics, automotive, aerospace and other industries. For more information contact: info@azabuinsights.com
# by jcnnewswire | 2020-03-23 12:28 | Comments(0)

昭和電工、リチウムイオン電池向け包材「SPALF(R)」の車載大型製品向け量産設備導入を決定_a0390018_16060757.jpg


東京, 2020年3月18日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)の子会社である昭和電工パッケージング株式会社(社長:辻 勝行)は、リチウムイオン電池(以下、LIB)の包材であるアルミラミネートフィルム「SPALF(R)」について、車載向けなど大型用途向けに特化した新製品を開発し、量産化設備を導入することを決定しました。新設備は2021年3月に稼働開始する予定です。

昭和電工、リチウムイオン電池向け包材「SPALF(R)」の車載大型製品向け量産設備導入を決定_a0390018_16065550.jpg

SPALF(R)は樹脂とアルミ箔をラミネートしたフィルムで、パウチ型LIBの包材として使用されます。高い絶縁性を持ち、成形性が優れることなどから、世界的に高いシェアを有しています。パウチ型LIBは形状の自由度が高く軽量であることから、スマートフォンやタブレットなどの小型用途で広く採用されていますが、近年、品質の高さが認められ安全性の評価が進んでいることから、電気自動車(EV)向けをはじめとする大型用途でも採用が拡大しています。中国に続き欧州でもEV開発が進み、パウチ型LIB包材の需要が高まっていることから、大型用途向け新製品を開発し、その量産設備の導入を決定しました。

昭和電工グループは個性派企業(収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体)の実現をVision(目指す姿)としています。LIBの世界需要(容量ベース)は2025年まで年率30%の成長が予想されています*。当社はSPALF(R)をはじめ、正負極材添加剤VGCF(R) 、水系バインダー樹脂 ポリゾール(R)をといった特徴のあるLIB部材を取り揃えています。これらの製品を拡販することで、LIB市場の成長や高機能化に貢献するとともに、先端電池材料分野での個性派事業の確立を目指します。

*…当社推定

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2020/37955.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合せ先:
昭和電工株式会社
広報室 03-5470-3235
# by jcnnewswire | 2020-03-19 16:08 | Comments(0)

トランスフォームのGaNが杭州中恒電気の効率98%を実現するパワーモジュールに採用_a0390018_23170531.jpg


超高効率48Vモジュールは、半導体企業トランスフォームのデータセンター向け最新カスタム製品

米カリフォルニア州ゴリータ, 2020年3月17日 - (JCN Newswire) - JEDECおよびAEC-Q101に初めて準拠した最高の信頼性の高電圧GaN(窒化ガリウム)半導体の設計・製造をリードするトランスフォームは本日、杭州中恒電気(HZZH)が超効率のGaNパワーモジュールを開発したことを発表しました。3kWのZHR483KSは、トランスフォームのGaNデバイスを使用して98%の効率を達成する、通信業界で最も効率的なGaNパワーモジュールです。受託設計生産(ODM)企業は、標準化された出力コネクタ構成を提供するZHR483KSを、同ワット数の既存のパワーモジュールと交換することで、システム全体のコストを抑えながら、高信頼性・高性能のソリューションを実現できます。

業界ベンチマークを設定
ZHR483KSは、HZZH初のGaNベースのパワーソリューションで、新製品ラインの主力製品です。モジュールの入力電圧範囲は85V-264V、出力電圧範囲は42V-58Vです。トランスフォームのTPH3205WS GaNデバイスは、インターリーブ型トーテムポール・ブリッジレスPFCに使用され、半負荷状態で98%の効率を達成します。GaNデバイスは、パワーモジュールのスイッチングおよび駆動損失を低減するため、ZHR483KSは、スーパージャンクションシリコンMOSFETを使用した従来のモジュールよりも優れた性能を発揮します。

HZZHの最高技術責任者(CTO)のDr.Guoは、次のように述べています。「当社は、お客様にとってより効率的でコスト効率の高いソリューションを開発できるパワートランジスタを探していました。私たちは、SiC(シリコンカーバイド)デバイスを検討しましたが、低電圧で所望の利点を達成できませんでした。その後、GaNメーカー数社のデバイスを精査し、最終的に、信頼性、デバイスコスト、および実装が簡単なトランスフォームのGaN FETを選定しました。」

トランスフォームのGaN FETは、標準的なTO-XXXパッケージおよびPQFNモジュールで入手可能な2チップのノーマリーオフ型デバイスであり、一般的な市販のドライバで駆動できます。現在のGen IIIファミリは、GaN半導体業界で最高の閾値電圧(4V)とゲート堅牢性(定格+/-20V)を実現します。これらの機能により、お客様は高信頼性のGaNソリューションを容易に設計し、このテクノロジーの高出力密度のメリットを享受できます。

トランスフォームのアジア販売担当バイスプレジデントのKenny Yim は、次のように述べています。「トランスフォームは、信頼性、駆動性、設計容易性、再現性という4つの重要な要素を考慮して、GaNプラットフォームの各世代を開発しています。HZZHがGaNパートナーとして当社を選んだことを誇りに思います。当社は、これら4つの要素がお客様が市場を破壊するために必要なものであると確信しています。その結果、GaNは業界記録を樹立する幅広いマルチキロワットパワーシステムに設計されています。今後の製品についてコラボレーションを継続しながら、HZZHが革新を続けていくことを期待しています。」

ZHR483KSは現在生産中です。

トランスフォームについて
GaN革命の世界的リーダーであるトランスフォーム( www.transphormusa.com )は、高電圧電力変換用途向けに、最高の性能と信頼性を備えた高電圧GaN半導体を設計・製造しています。最大規模のパワーGaN IPポートフォリオを保有するトランスフォームは、業界初のJEDECおよびAEC-Q101準拠GaN FETを生産しています。これは、設計・製作からデバイス、応用サポートに至るまで、あらゆる開発段階でのイノベーションを可能にする垂直統合型デバイス・ビジネス・モデルによるものです。Twitter: @transphormusa

お問い合わせ先:
Heather Ailara
211 Communications
+1.973.567.6040
heather@211comms.com

配信元企業: トランスフォーム
# by jcnnewswire | 2020-03-17 23:18 | Comments(0)

米国コネチカット州シェルトン, 2020年3月17日 - (JCN Newswire) - 新たなナノ医療プラットフォームを基盤に非常に効果的な抗ウイルス療法の開発でリードするNanoViricides社(NYSE American: NNVC) (以下「当社」)は、COVID-19を引き起こす現在の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の治療薬開発に向けた取り組みについて最新情報を提供しています。

当社は、ウイルス結合リガンドの同定からわずか数週間で、試験用の多数のnanoviricide医薬品候補の合成を完了しました。これは、手元にある新しいカスタム化学物質の在庫に基づいて、当社が自助努力を行った結果です。さらに、ポリマー骨格は、以前は数キログラム単位で製造されていました。しかし、現時点で、これらの候補のいずれもヒトの臨床開発に対して十分な有効性と安全性を示す保証はありません。

当社が保有するBSL2ラボにて、2種類の異なる低脅威の循環コロナウイルスを取得および拡大し、既にそれらを拡大して医薬品候補の試験を実施できるようにしました。これらのコロナウイルスの1つであるNL63は、ヒト細胞上でSARS-CoV-2と同じACE2受容体を使用していますが、ヒトで同様の重度の疾患を引き起こすことはありません。

これらのコロナウイルスに対する細胞培養研究において、当社の試験候補が有効である場合、現在のSARS-CoV-2に対しても有効であることが期待できるという強い根拠が得られることになります。現在、当社では、SARS-CoV-2に対する医薬品候補のさらなる試験を実施するための協力関係が確立されていませんが、こうした協力関係の確立に向けて取り組んでいます。しかしながら、当社が必要な協力関係を築くことができる、または、さらなる試験で医薬品候補が成功するという保証はありません。これまでに、当社は米国疾病対策予防センター(CDC)および米国陸軍感染症医学研究所(USAMRIID)との協力関係を確立し、連携を図ってきました。

当社は保有するBSL2認定ウイルスラボにて、特定の低脅威のコロナウイルスの細胞培養感染に基づく抗ウイルス薬試験アッセイの開発に既に成功しています。医薬品候補の有効性を試験するアッセイの開発は、医薬品開発プロセスにおける重要なマイルストーンです。当社がこのマイルストーンをわずか数週間で完了することができたのは、当社の上級ウイルス学者が開発した中程度のスループットの薬物検査抗ウイルスアッセイ開発における豊富な経験と専門知識によるものです。

これらのBSL2コロナウイルス株に対する医薬品候補の試験は、BSL2ウイルスラボでまもなく開始される予定です。

3月11日現在、SARS-CoV-2は米国の30以上の州で少なくとも800人の感染が確認され、26人以上の死者を出しており、一部の州では地域封鎖、検疫、非常事態が宣言されています。イタリア全土は隔離されています。日本でも深刻な流行が発生しています。CBSニュース(https://www.cbsnews.com/live-updates/coronavirus-outbreak-death-toll-us-infections-latest-news-updates-2020-03-09/)によると、このCOVID-19の流行により、少なくとも99ヶ国で症例が発生し、確認された症例は合計11万例を超え、そのうち6万2,000人は既に回復し、3,800人以上の患者が死亡しました。ウイルスに関連する健康上のリスクは年齢とともに著しく上昇し、ウイルスに感染した若年もしくは健康な人々の多くは、軽度の症状しか示さない場合があります。現在、中国と韓国での発生は抑制されている兆候を見せており、新しい症例は大幅に減少しています。

米国政府は、包括的アプローチとして、医薬品・ワクチンの開発、患者ケア、封じ込め、教育などのCOVID-19対策に83億ドルを承認しました。

SARS-CoV-2に対するワクチン開発は非常に迅速に開始されましたが、効果的なワクチンが患者の治療に使用できるようになるまでには少なくとも12ヶ月から18ヶ月かかる可能性があります。

ウイルスは、突然変異を介して抗体医薬およびワクチンを回避することが知られています。しかしながら、NanoViricidesプラットフォーム技術では対照的に、ウイルスが変異によって回避できない医薬品の開発が可能です。これは、ウイルスが同種の細胞受容体に結合するのを妨げるように設計され、さらにウイルスの細胞への結合を無効にすることができるバイオミメティクスを当社で開発しているからです。コロナウイルスは、インフルエンザやHIVなどの他のRNAウイルスよりも変異が遅いとされています。

当社が医薬品候補の試験に使用しているコロナウイルスの1つは、現在のSARS-CoV-2ウイルス(別名nCoV-2019)と同じACE2受容体を使用しています。しかし、このコロナウイルスは、ヒトで同様の重度の疾患を引き起こすことはありません。私たちがテストしている別のコロナウイルスは、(生物物理学の観点から)異なるが、やや関連する受容体を使用しています。これらの株の両方に対して調査すると、どの試験候補がより広いスペクトル有効性を有するかを調べることができます。しかしながら、これらの型のコロナウイルスに対して好結果を得られたとしても、nCoV-2019(別名SARS-CoV-2)に対して同様の結果をもたらすという保証はありません。さらに、あらゆる医薬品の典型的または標準的な医薬品開発への道は非常に長く、相当な資本を必要とします。しかし、中国の規制当局は探索的医薬品候補の迅速な臨床試験を可能にする迅速なプロセスを構築しました。また、2017年から2018年のコンゴ民主共和国(DRC)での流行時には、抗エボラ出血熱薬候補の開発を加速する経路が開発されました。それにもかかわらず、SARS-CoV-2に対して好結果を得られたとしても、臨床試験や医薬品製品の成功につながるという保証はありません。これは、SARS-CoV-2に対する現在のすべての医薬品開発への取り組みに当てはまります。

これに先立ち、1月30日、当社はSARS-Cov-2ウイルス感染症の治療薬を開発中であることを確認しました。当社は、分子モデリングを用いて、ACE2とSARS-CoV(2002)との相互作用を模倣する潜在的なウイルス結合リガンドを発見するという重要なマイルストーンを達成したと述べました。現在のコロナウイルス株、すなわちSARS‐CoV‐2は2002年のSARS‐CoVと密接に関連しており、同じヒト細胞受容体を使用しています。当社はこれで次の2つのマイルストーン、すなわち試験候補の合成、およびそれらを試験するための抗CoVアッセイの開発を完了したことになります。

NanoViricides社について

NanoViricides社 (www.nanoviricides.com)は抗ウイルス療法のための特別な目的のナノ材料を作成している開発段階の会社です。当社の新薬であるnanoviricide®クラスの医薬品候補は、エンベロープウイルス粒子を特異的に攻撃し、それらを分解するように設計されています。主要な医薬品候補に、帯状疱疹の皮疹・治療のための皮膚外用クリームとして最初に適応されたNV-HHV-101があります。当社はまた、口腔・性器ヘルペスを含む多くのウイルス性疾患、EKCやヘルペス角膜炎を含む眼のウイルス性疾患、H1N1豚インフルエンザ、H5N1鳥インフルエンザ、季節性インフルエンザ、HIV、C型肝炎、狂犬病、デング熱、エボラウイルスなどの治療薬を開発しています。

当社の技術は、これらの分野で開発されたTheraCour Pharma、Incの医薬品に対する広範で独占的な、サブライセンス可能なフィールドライセンスに基づいています。現在、当社はコロナウイルス分野へのライセンスを保有していませんが、TheraCourは当社に対するライセンスを拒否していません。当社は通常、最適化段階でいくつかの候補の有効性を実証した後にのみ、ライセンスプロセスを開始しています。

本プレスリリースには、将来の事象に関する当社の現在の予測を反映した将来の見通しに関する記述が含まれています。実際の事象は、ここで予想される事象とは大きく異なり、多くの要因に依存する可能性があります。本プレスリリースの特定の記述、およびNanoViricides社が作成したその他の書面または口頭による記述には、1933年証券法第27A条および1934年証券取引法第21E条の意味における「将来の見通しに関する記述」が含まれています。将来の見通しに関する記述には、既知および未知のリスク、不確実性、および場合によっては当社のコントロールが及ばず、実際の結果、活動レベル、業績に重大な影響を及ぼす可能性があり、またその可能性が高いその他の要因が含まれるため、過度の依存しないようご注意ください。当社は、将来新たな情報が入手可能となった場合であっても、いかなる理由によってもこれらの将来の見通しに関する記述を更新または改訂する義務を負わず、あるいは実際の結果がこれらの将来の見通しに関する記述で予測される結果と大きく異なる可能性がある理由を更新する義務を負うものではありません。

実際の結果が当社の予想と大きく異なる可能性のある重要な要因には、当社が米国証券取引委員会その他の規制当局に随時提出する書類において、「リスク要因」等の見出しで開示しているものがありますが、これらに限定されません。こうした要因をすべて予測または特定することはできませんが、次の項目が含まれる場合があります。前臨床試験におけるnanoviricideの安全性と有効性の原理実証および証明、製品候補の開発の成功、規制当局の承認を求めて取得する当社の能力(当社が求めている適応症に関するものを含む)、製品候補の製品化の成功、当社製品の市場での受け入れ。FDA は米国食品医薬品局を指します。IND Applicationは「臨床試験承認申請」を指します。CMCは「化学、製造および品質管理」を指します。

お問い合わせ先:
NanoViricides, Inc.
info@nanoviricides.com

報道関係者からのお問い合わせ先:
MJ Clyburn
TraDigital IR
clyburn@tradigitalir.com
# by jcnnewswire | 2020-03-17 09:43 | Comments(0)

東京, 2020年3月16日 - (JCN Newswire) - 世界で最も使えるパスポートを持つ日本の人は、現時点で191カ国にビザなしで渡航したり、または行った先でビザを取ったりすることができます( https://cutt.ly/EthDne5 )。

これまではヨーロッパのシェンゲン加盟国は、このビザなしで渡航できる国に含まれていて、ビザやその他の渡航許可を取得しなくても、この地域の国に入国し、この地域を行き来することができる状態でした。

しかし、2021年に欧州渡航情報認証制度(ETIAS:https://www.etias.co.jp/)が導入されると、それが変更になります。この制度が導入されるということは、日本からの渡航者については、シェンゲン圏を構成する26カ国に向かう前に、ETIAS渡航認証への申請が必要になるということです。

●ETIASとは何で、なぜ導入されるのか?

欧州渡航情報認証制度(ETIAS)は、外国人に対して、ヨーロッパのシェンゲン加盟国に入国する前に事前審査を行うプログラムです。ビザが免除される他の60カ国の人と同様に、日本の人にもこの制度は適用されます。

この制度は、ヨーロッパの境界を強化し、ヨーロッパの安全性を高めるために導入されるものです。現在ビザが免除されている国からのすべての渡航者を、シェンゲン圏への渡航許可を与える前に審査することで、これらの目的を達成します。

ETIASは、世界のテロリズムと戦い、潜在的な脅威となる人がシェンゲン圏に入ったり、ヨーロッパ全土を自由に動き回ったりすることを防ぐためにも役立つ見込みです。

渡航者に関するデータは、いくつかの国際的保安データベースと照合されます。この照合手続きには、SIS・VIS・EUROPOL DATA・INTERPOLがすべて参加しています。様々なデータベースを使うことで、完全なプロフィールを構成し、危険な人物が確実にEU圏内に入らないようにします。

ETIASのおかげで以前よりも安心してヨーロッパ旅行ができるのは、日本人渡航者の大きな利点と言えるでしょう。

●日本人がETIASに申請する方法

2021年からは、日本国籍の人がシェンゲン加盟国に渡航する前には、ETIASの認証を得ることが必要不可欠になります。

オンライン申請手続はシンプルで、大使館や領事館で面接を行う必要はありません。

日本人旅行者が申請資格を得るには、一連の基本的な要件を満たさねばならず、その中には以下のものを用意することも含まれます。

- 旅行が終わるまで有効なパスポート
- ETIASの手数料を支払うためのクレジットカードやデビットカード
- ETIASを受け取る(承認された場合)ためのEメールアドレス

上記の条件を満たしている場合には、ヨーロッパへの旅行を計画する日本からの旅行者は、個人情報や旅行計画に関する情報、そして安全に関するいくつかの質問に答えることで、日本人も使えるETIASに申請することができます。

承認されたETIASはEメールで申請者に送られますので、家などで事前に印刷した上で、申請に使用したパスポートと一緒に国境で提示してください。

●1. ETIASの申請処理には、どのぐらい時間がかかるの?

ETIASの申請処理は、短時間で終わります。日本からの申請者の大部分の人については、数分以内に申請が承認される見込みです。

ただし、場合によっては、申請処理に時間がかかる場合もあります。旅行開始から少なくとも72時間前までには申請することが推奨されます。

●2. ETIASの申請が却下された場合はどうなるの?

承認率は95%程度になる見込みですが、ヨーロッパのビザ免除制度への申請が承認されないこともあり得ます。

承認されなかった場合には、却下理由と共にその決定がEメールで通知されます。この決定には、上訴することができます。

前科のある渡航者の方は、そのせいで申請が却下されるか心配かもしれません。前科は案件ごとに検討され、ETIASの申請が必ず却下されるという訳ではありません。

●3. ETIASの有効期間は?

ETIASは、3年間または申請者のパスポートの失効のうち、先に起こる方の期日まで有効です。

日本からの観光客や出張で渡航する人は、180日のうち最大90日まで滞在することができ、入国や出国の回数に制限はありません。

●ETIASで日本人が渡航できる国はどこ?<

ETIASは、シェンゲン圏を構成するヨーロッパ26カ国で使用することができます。

承認されたETIASを持っていれば、日本からの渡航者は加盟国と加盟国の間を自由に行き来することができます。シェンゲン圏は、一度中に入ると、国境を気にせずに行き来できるようになっています。

つまり、それぞれの国に対して別々のETIASを申請する必要はないということで、1回の旅行でヨーロッパのいくつかの国を旅行したい日本人旅行者にとっては朗報です。

●1. 日本人旅行者に人気なヨーロッパの観光先

ヨーロッパを訪れる日本人旅行者は、日本とは大きく異なる文化を体験したり、ヨーロッパの豊かで多様な歴史を知ったりすることができます。

日本政府観光局によれば、2019年に日本人が最も多く訪問した国はドイツで、97,066回訪問されています。https://www.tourism.jp/en/tourism-database/stats/outbound/

ドイツで特に人気の観光名所には、以下のような場所が含まれます。

- ブランデンブルク門(ベルリン)
- シュバルツバルト
- ノイシュヴァンシュタイン城
- ベルリンの壁
- ケルン大聖堂

ドイツの他にも、日本人旅行者は特にオーストリアやフランスに魅力を感じることが多く、そのほとんどが大きな都市、そして、エッフェル塔やルーブル美術館などの観光名所を訪れます。

同じ調査によれば、スペインも日本で人気が高まっている観光名所で、宿泊件数が前年比で18.9%増加しました。都市の中でも、バルセロナは、アントニオ・ガウディの特徴的な建築、特に世界的に有名なサグラダ・ファミリアに興味のある日本人観光客にとって、特に魅力的です。

●2. ETIASがヨーロッパの小国への旅行に与える影響

モナコ、バチカン市国、サンマリノ、アンドラといったヨーロッパの小国を訪れる日本人旅行者にも、ETIASは必要です。

これらの国はシェンゲン圏には含まれていませんが、ETIASを採用している国からしか入国することができません。

アンドラに行くには、日本からバルセロナまで飛行機で行くことになるので、スペインに入国するためにETIASが必要になります。

バチカン市国やサンマリノについては、イタリアに入国するためにETIASへの申請が必要になりますし、日本からモナコに行くにも、フランスに入国するためにETIASが必要になります。

●日本人旅行者にとってのETIASの利点

先ほど申し上げた通り、2021年からは、渡航者に対する審査が行われ、他の渡航者や住民にとって危険だとみなされない人だけが渡航できると知っておくことで、日本からシェンゲン圏に安心して渡航することができます。

さらに、日本からの渡航者が恩恵を得られるETIAS申請手続の他の機能も多くあります。

まず、ETIAS申請がすべてオンラインでできることです。世界中のいろいろな国のビザ申請と違い、ETIASの申請を行うのに、領事館や大使館に直接行く必要はありません。必要なのは、インターネット接続だけです。

また、特筆すべきなのは、処理時間の短さで、ほとんどの申請は数分以内に承認されるので、承認に長い時間がかかる心配はありません。ごく一部の申請については処理に最大3営業日かかることがあり、追加文書が必要になる場合もありますので、早めに申請するのが良いでしょう。

日本からの観光客の方にとって、ETIASの最大の利点は、ETIASに1度申請するだけで、シェンゲン圏の最大26カ国を訪問することができることでしょう。日本からヨーロッパへのフライトには時間もお金もかかるので、1回の旅行で複数の国を訪問するのは、とても良いことでしょう。

●日本人の子どもが旅行する時もETIASは必要?

小さいお子様を連れて旅行する日本人のご家族の方が、ヨーロッパに行くのに未成年でもETIASを携帯することが必要なのか疑問に思うことは、よくあることです。親御さんや保護者の方は、18歳未満の渡航者でもETIASの取得が必須であることを知っておいてください。シェンゲン圏へビザなしで渡航できる60カ国のお子様も、親御さんと同じように、国境で有効なETIASとパスポートを提示するように求められます。

子どもが脅威をもたらす可能性は低いですが、すべての人にとって地域をできるだけ安全にするためには、国境を越える全ての動きを追跡する必要があります。

親御さんや保護者の方がお子様のETIAS申請を完成させるのにもわずか数分しかかからず、お子様の名前、国籍、生年月日などを入力することになります。

申請の状況に関する通知や承認された渡航認証を受け取るためのEメールアドレスは、大人の方のEメールアドレスにすると良いでしょう。

日本の未成年の方も、パスポートが先に失効しない限りは、1度承認されたETIASを3年間使い続けることができます。

日本から旅行する予定のある方は、まもなく実際にこの点が変更されることを覚えておいて、2021年からは旅行に出発する前にヨーロッパで使われるETIASビザ免除制度に忘れずに申請してください。ほとんどの申請は数分以内に承認されますが、処理時間が長くなる可能性を考慮して、3営業日以上前には申請することが推奨されます。

Helena Capdevila
info@marketinglobally.com
# by jcnnewswire | 2020-03-16 22:05 | Comments(0)

Aruba\'s Global Cloud Data Center enhances international accessibility with Cogent PoP_a0390018_19280993.jpg


Aruba customers to benefit from enhanced connectivity offered through the Global Cloud Data Center, a state-of-the-art carrier-neutral data centre.

LONDON, Mar 12, 2020 - (ACN Newswire) - Aruba S.p.A., a leader in data centre and cloud enterprise services, has today announced the activation of a new presence point within its Global Cloud Data Center, based at its technology campus on the outskirts of Milan, provided by leading global internet service provider Cogent.

Aruba\'s Global Cloud Data Center enhances international accessibility with Cogent PoP_a0390018_19281894.jpg

The point of presence will allow Aruba customers to benefit from Cogent's extensive international network that extends across North America, Europe and Asia through more than 92,000km of intercity fibre and over 56,000km of metro fibre. This network provides services to over 204 markets and connects 6,840 additional networks.

The presence of an operator of this calibre - in addition to the others already partnered with Aruba - increases the range of carriers available within the Global Cloud Data Center. This gives customers access to a broader range of choices. The Global Cloud Data Center, like all Aruba data centres, is carrier-neutral and hosts numerous telecommunications operators with which customers can independently manage their relationships. Cogent now represents a new tier 1 option, joining TIM, Fastweb, Wind-Tre, Retelit, Irideos, Planetel and Vodafone.

The offer of multiple connections, together with the perfect mix of Italian and international operators, allows Aruba to guarantee the highest standards in terms of performance and redundancy.

Lorenzo Giuntini, CTO of Aruba commented: "This partnership adds great value to our offering. An operator like Cogent, a tier one service provider of international calibre, gives the Global Cloud Data Center appeal on a global scale and offers numerous benefits to customers thanks to the quality of the internet transit."

Peter Menig, Sales Director of Cogent commented: "As the world becomes increasingly interconnected, carrier-neutral connectivity options like the one provided by the Global Cloud Data Center become more important. Cogent is pleased to have the opportunity to deliver high-quality IP transit services to Aruba data centre customers."

Last year, Aruba announced the activation of a Point of Presence in the Milan Internet eXchange (MIX) - among the first in Europe and the largest Italian Internet eXchange in terms of vehicular traffic - directly accessible from the Global Cloud Data Center. The agreement provided the addition of new interconnections thanks to the use of a double fibre route to connect the equipment to Milan, thereby facilitating traffic exchange with numerous other national and international carriers.

This new activation marks the next step in the expansion of the Aruba Data Center network, which already has two new Data Centers arriving within the Global Cloud Data Center technological campus area. This growth will enable Aruba to provide the highest quality of service to all its customers, whether they are national or international.

For more information http://aru.ba/dcconnectivity

Aruba S.p.A.

Aruba S.p.A., founded in 1994, is the leading company in Italy for data centers, web hosting, email, certified email (PEC) and domain registration services. Aruba is also active in key European markets including France, the UK and Germany, and is the leader in the Czech Republic and Slovakia, with an established presence in Poland and Hungary. The company has a huge amount of experience in the management of data centers, with a European network capable of hosting over 200,000 servers.

Aruba manages 2.7 million domains, 8.6 million email accounts, 6.7 million certified email (PEC) accounts, 130,000 physical and virtual servers and a total of around 5.4 million customers. The company provides hosting services, public and private cloud services, housing and colocation services, dedicated servers, digital signature services, digital preservation, e-billing, certified email, SSL certificates and smart-cards.

Thanks to Aruba Business, founded in 2015, it offers all the services to a vast network of IT partners, and with Pratiche.it brand, the company provides document delivery and recovery services throughout Italy. In the same year, the Aruba.it Racing, Official Ducati Team in the World Superbike World Championship was born.

Since 2016 it has been the Official Registry for the prestigious ".cloud" extension. For over 10 years, Aruba Enterprise has been offering Cloud, Data Center and Trust Service solutions to businesses and public authorities, designing, implementing and managing highly customized IT solutions. For further information: https://www.aruba.it

Red Lorry Yellow Lorry
Philip Iacob
Senior Account executive
Email: aruba@rlyl.com
# by jcnnewswire | 2020-03-13 19:28 | Comments(0)

前世紀末から今日に至るまで、中国の持続的な努力のもとで、世界に類を見ない四つの成果:中国の14億人口の衣食問題、僻遠地区の精確な貧困扶助、全国の村村通交通改善、全世界国家医療保険の改善を作り出した。

米国は中国を批評し、中国の貧困扶助の成果に打撃を与える

欧米のメディアはBBCとCNNを含むメディアと中国国内の報道は千差万別で、メディアが持つべき公正さを失い、誤った情報で中国人女性の死亡をさらに報道し、中国政府の貧困扶助の仕事を抹殺し、中国の経済発展を攻撃した。実は西洋国家が攻撃によって中国の発展を抑えるのは別に珍しいことではない。長期的な貿易戦は経済的に中国を潰したいためだ。技術的な優位を利用してファーウェイの発展を抑え、中国の5 G技術の発展を抑制する。中国製造に打撃を与え、関税障壁を高める。海外勢力を利用して中国の内政に干渉し、中国を混乱させる。これらは米国をはじめとする西側諸国が中国に打撃を与える常用手段である。今、疫病の際に古い黄暦をめくり、中国の貧困扶助に打撃を与え、悪辣な意図が見られる。実際には、中国の経済発展はどうか?貧困扶助の成果はどうか?根本的に米国に指図される必要はない。

今回の疫病に例えば、どの国が10日以内に病院を建てられるのか?どの国が短期間で抗疫物資を揃えることができるのか?どの国が短い一ヶ月で疫病を効果的にコントロールできるのか?ご存知のように、今のヨーロッパは疫病のために、すでに拡散しているのが明らかであるが、中国の疫病はほぼ効果的にコントロールされた。

四つの鉄の証拠、米国の陰謀論が攻撃されずに自滅する。

衣食、飢餓、貧困は世界的な問題であり、たとえ先進国の中にも貧困人口があるとしても、これは争わない事実である。数千年来、人類は食糧の安全問題に対してずっと簡単で安全な対策がなく、だから衣食の問題はずっと全世界を悩ましている。これは単にアジア・アフリカ・ラテン地域の問題ではなく、世界的な問題である。全世界の耕地は世界の76億の世界の人口を養うのに十分だが、ずっと以来、戦乱、気候、技術及び食糧の生産量が低く、人類の食糧安全問題の最大の障害となった。最盛期の中国唐王朝でも、貧困、衣食住は底辺の民衆の真実である。しかし、このような難題は中国政府に40年で解決された。世界最大の発展途上国として、中国の衣食住問題、貧困問題は世界のどの国よりも厳しい。しかし、1978年に中国安徽省小岡村の家庭生産請負責任制が施行されてから、中国の経済発展は軌道に乗った。

経済的には、中国は最後から世界第二の経済体になった。科学技術において、AIとインターネットの発展は、中国が世界の先頭を走った。軍事において、世界をリードする戦機と各種戦略兵器が相次いで登場した。国民生活において、各種の海を跨ぐ大橋とインフラは外国人を驚嘆させる。

では、中国の貧困扶助いおける挙げた成果はどれぐらいあるか?
まず、中国が食における成果を挙げた。
前世紀末の時、中国はまだ衣食問題を解決していなかったが、今、中国は14億人の衣食を解決した。これは世界に類を見ない。
水稲でたとえば、中国の袁隆平の指導のもとで、中国の食糧の生産量は倍になるだけではなく、以前水稲の塩基の地を植えることができなくて、今すべて高産の食糧を植えることができる。中国は全体として最大の食糧生産国である。しかし14億の人口にとっては、十分に食べられる。

しかし、中国政府は発展の足を止めておらず、中国人全体の食卓を豊富させるために、中国では野菜や肉類の生産も大きな発展を遂げた。

Google衛星の地図では、広東から浙江までの沿海部に数百万の家とネットボックスがある。これらのネットの箱はすべて海産物を飼うために使うので、考えてみて、すべてのネットの箱の中で何百匹の魚を養って、それでは計算してみれば、これは結局どれだけ大きい規模があるか?資料によると、毎年世界の海鮮消費総量は1.44億トンで、中国は最大の海鮮消費国で、6500万トンで全世界の45%を占めている。次はEU(1300万トン)、日本(740万トン)、米国(710万トン)、インド(480万トン)である。中国とインドは人口が同じだが、中国の海鮮消費量はインドの12倍である。インドの地理的条件は理想的であるが、漁業資源が豊富で熱帯に位置している。中国で年間6500万トンの海鮮のうち、1500万トンだけが漁獲され、残りの5000万トンは水産養殖農場から来ている。中国人は安い海産物を食べられる。中国の貧困扶助の仕事は中国人にいっぱい食べさせるだけでなく、おいしいものも食べられる。これは中国政府が貧困扶助の分野で踏み出した第一歩であり、最も重要な一歩でもある。

第二に、中国は精確な貧困扶助における成果を挙げた。

貧富の格差が大きいのは中国の存在の一つの事実で、東南沿海地区に比べて、西部山岳地帯高原地区の発展は比較的に遅いである。いくつかの典型的な中国の省、甘粛、雲南、広西、チベットなど、これらの地域は例外なく山地や高原地帯にあり、環境が悪いだけでなく、交通が非常に不便である。山地の障害は現地の製品の輸送を最大の問題にしている。外のものは入れられなく、中のものは出られない。高コストの運賃は現地の経済発展に追い打ちをかける。このような状況を変えるために、中国政府はこれらの地域に無数の高速道路と橋を建設した。雲貴高原はプレートが押し出されているので、人々は基本的に深い峡谷に住んでいる。考えてみれば、こんなところが貧乏ではないことが考えられるのだろうか。

現地の遅れた交通条件を改善するために、中国は雲貴地区に無数の橋を建設した。輸送コストを低減し、農産物の基礎価値を高めるためであるのだ。中国政府はなぜこんなに多くのお金を使って収入に比例しない橋を建設するのか?地元の立ち遅れを変えるためである。たとえば山村の食糧は、以前は一斤で一元しか売られていなかった。しかし、今は橋があって、運送コストが下がった。今は3元でもっと多く売ることができる。直接農民の収入を高めた。これも中国政府が貧困扶助の面で作り出した発展である。「金持ちになりたいなら、まず道を作ろう」言っているのはこの道理である。すべてのインフラは貧困扶助のための強固な基礎を築いている。


中国の貧困扶助の成果は顕著で、鉄の証拠で西洋メディアの質疑に反撃した_a0390018_13075233.jpg
これは貴州の平塘大橋で、世界最大の高架橋である。今年の下半期に完成する予定である。

また、「村村通工事」は農村の貧困扶助にも大きな貢献をした。

簡単に言えば、村村通は中国のシステム工事で、道路、電力、飲料水、電話網、有線テレビ網及びインターネットを含む。その本質的にも困難な貧困扶助の任務である。中国には6億人以上の人が農村に住んでいる。これは貧困扶助にとって最も重要なのは農村、特に遠い山岳地帯の農村である。中国の数億人を貧困から脱出させるには、農村が重要である。2007年には、中国は基本的に村村通電を実現したが、隣国のインドは2018年にやっと基本的に実現した。中国より11年遅い。インターネットの面では、中国政府の貧困扶助の建設は、より多くのことがある。単に4 Gネットワークから言えば、中国は西洋より遅く出発したが、2014年から現在まで、中国政府の努力のもとで、中国の4 Gのカバー率は驚くべき98%に達した、米国の4 Gに比べて圧倒的に高い。つまり山区でも中国の4 Gネットワークは完全にカバーされている。村民はネットを通じて生放送をすることができて、ネットの販売は貧困から脱却して金持ちになる。村村通工事は一定の長期的な視点から見て、貧困脱却のために大きな役割を果たした。短期間では、このプロジェクトは確かに貧しい地域のために効果をもたらすことができない。中国政府はまさに輸血より造血の原則を実行し,根本的に中国の貧しい山区の様相を変えていく。

最後に、もう一つ言いたいのは中国政府の農村医療保険の努力である。

農村の医療保険や養老保険制度は貧困扶助とは無関係に見えるが、農村の医療保険と養老保険の存在によって、農村を貧困に陥れる悪循環に陥らせない。2003年から農村医療保険の試行が始まり、2010年の全国普及以来、農村医療保険は11年目を迎えた。ほとんどの農民にとって、農村の医療保険の普及はある程度において積極的な意味がある。農民の病気回復の悪循環をある程度解決しただけではなく、病気に対する地元の病院の清算率は最高70%に達している。つまり、家の貧しい人が病気で入院しても大丈夫。中国政府が費用を払ってくれる。米国は?確かに、米国にも医療保険がある。つまり公立病院で使う公保と私立病院で使える商業保険がある。米国を例にして、あなたは公保を持って公立病院に行って診察して、病状が深刻でないならば前の2つの問題に戻る:待つ。中国では医療保険はすべての人に向いているが、米国では全員が医療保険を受けられるわけではない。百歩譲って、仮に医療保険に入れたとしても、巨額の資金が必要だ。

確かに、中国の医療は完璧ではないが、中国の医療体制は大きく発展している。全国民の基本医療保険、異郷の精算、薬価の引き下げ、医者の多点勤務など一連の医療改革の措置は、国民がより質な医療資源を享受できるように、より健康的な生活を絶えず改善している。今の中国の医療は、もう何でも「洋先生」がいい時代ではない。これらは中国政府が貧困扶助において行った努力であり、わずか40年間で7億人を貧困から脱出できる国はない。中国政府は実際の行動で全世界に満足のいく回答を提供した。貧困対策の面では、中国より上手な国はいない。実は中国人自身が貧困から脱出する以外に、中国政府は周辺国とアフリカ国家を援助して貧困から脱出する行動を行っている。アフリカを例にして、中国はここ50年来アフリカに900余りのインフラプロジェクトを建設した。総投資額は数千億元に達した。貧困扶助は中国の発展の道に必ず大きな墨を描く。これは中国政府の貧困扶助の成果である。一つの米国は手まねをする資格がなく、西洋国家の汗顔の成果である。最後に、中国では、生活保護のない特定の人たちは、国が特別な保障を与える。例えば、五保戸、例えば貧困世帯を作って、各種の福祉院、貧困扶助を精確にして、みんなが体面と尊厳を得られる。

米国はなぜ中国の経済を批評するのか?

米国は中国の経済成長の減速と、中国の弱体化を力説している。一日二日のことではない。では、なぜ米国は中国を批評するのか?実はこの問題はよく分かる。米国は中国の台頭を恐れている。米欧の批評は中国と中国を抹殺する目的は同じで、中国の発展を打撃するためで、中国の発展が米国の地位を脅かしたためである。実際には、中国は落ちぶれた米国に挑戦しているというより、むしろ落ちぶれた米国が台頭する中国を恐れている。中国は米国に挑戦するとは言っていない。中国の目標は平和共存である。現在の状況をもたらした主な原因は、米国が中国に対して過度に恐怖していることであり、このような台頭中の大国がフェージング大国の心理を思いやる必要がある。

米国は中国を批評しつつ、「中国脅威論」を唱えている。

中国全土で防疫中、米国政府は人道支援を行っていないだけでなく、井戸の底にある中国に大きな石を二つ落とした。

一つ目は2月3日、ウォールストリートジャーナルが人種差別の記事を掲載したことである。

2020年なのに、100年以上前の中国蔑称で中国を揶揄している人がいる。記事の内容は、疫病を借りて中国を批評するにすぎない。全編の第一句は「今週、この強大な中国の巨人は人種を超えたコウモリウイルスによって破壊された」である。人間性がない。第一時間で落石して、全世界で中国人の入国を禁止するように呼びかけている。いったい誰があのどうしようもない病気になったか、よく分かる。

二つ目は、米国が2月18日に中国をWTO途上国から除名することである。

米国がなぜこの政策を発表したのか、一つは米国が他の国に対して不公平な輸出補助金で自国の産業に害を及ぼすかどうかの調査のハードルを下げるためであり、それによって自国の企業を保護するためである。もう一つはトランプをはじめとする米国政府は、中国のような大きな経済体に対して、WTOの優遇を長期的に受けることに不満を持っているからだ。

米国が批評するほど、心が虚弱になるということが現れる。中国はたとえ疫病に直面しても、貧困対策の既定の道を忘れていない。様々な兆しはすべて表明している。アメリカ人は中国を批評し、中国をだまし、中国が彼らの望んだ誤った道に上がることを期待する。アメリカ人はよく知っている。中国のような偉大な国は、中国人が自分で設定した目標を実現すると、北朝鮮ではなく、インドでもなく、EUでもない。中国の体量と中国人の文化遺伝子で、中国はいったんその奮闘目標を実現したら、何も言わないで、一部の国家より公堂をほえるのが更に力があって、その上級数の差は百倍以上ある。だから、アメリカ人の当面の世界戦略の重要な一つの戯れは、あらゆる手を尽くして中国の民族の偉大な復興過程を破壊することである。無理してはだめだ。世論の上で中国を批評させて、それによって中国人の自己の質疑をもたらして、自分の道の正確性、政策の正確性を質疑して、そのソフトパワーの戦略の1つの重要な構成部分になる。だから、中国を批評し、中国の「旧態」復帰を促し、米国の陰謀の一部になることは避けられない。

Zuoli Zeng
ZengZuoli2012@163.com
# by jcnnewswire | 2020-03-12 13:09 | Comments(0)

ヒューストン, 2020年3月10日 - (JCN Newswire) - もっとも金融領域の中に、我々の未来の生活を変わる技術があります。驚いたのはそれが人工知能でもロボットでもなくて、ビッグデータでも量子コンピュータでもないです。ソーシャルメディアにも言わなくて、ブロックチェーンと呼びます。それは君のために、我々すべての人のために来たものです。未来はそこにあり、どんなものであろうが、我々自身が作る運命です。

Morgan集団がブロックチェーンをレイアウトし、間もなく発行する_a0390018_02455035.jpg

一つの伝統的な金融財団として、Bit Morganはブロックチェーンが金融においての潜在力を早くから気づいてしまって、それを運用しようと思います。Bit Morganは自身の資本や技術の優勢を利用し、グローバルな非中央集権型のブロックチェーン金融ネットワークを作り出します。その時、Bit Morganは全世界の金融機関のユーザーを直接的につながって、創意に富んで新たな金融生態環境を作成します。

ブロックチェーンが新しい技術革命になると誰かが予言しましたが、長時間の発展を経て、大部分の人は依然としてそれを「フラウド技術」と見なします。長い間その技術は水の中の月のように、美しいがはかないです。地面に落ちられない根本的な原因は資本の駆動が欠けています。Bit Morganはブロックチェーンに加入した後、ブロックチェーンを地面に落とすことに力を入れます。優れた資本や技術はお互いに進み合えます。Bit Morganの努力の下で、世界範囲において、より多くの機関がブロックチェーンの作りや金融生態環境の作成に参加したがっています。それはBit Morganがブロックチェーンを作る第一歩であり、歴史的な一歩でもあります。

天下の人たちは自分の利益のために押し寄せてきて、あちこちに奔走します。今の商業社会において、「信仰」という言葉はむなしくて味気ないです。海が来る際に、主な人が波しか見えないです。Bit Morganはブロックチェーンの先駆者として、ブロックチェーンをもって伝統的な金融生態環境を変わることに力を尽くします。ネットワークが現れたあと、大きな地球は「地球村」になって、ブロックチェーンが成熟すると、おそらく「地球村」が「地球チェーン」になるかもしれません。仮想経済の時代はもう来て、その中で、Bit Morganは先頭に立っています。

今になっても、ブロックチェーンの技術が存在する必要があるのかを疑義を出す人もたくさんいます。そういうような考え方は普通です。歴史上の毎回の革命の前に、退こうとする人は少なくなくて、ただほんのわずかな人がその未来や本質を見通して、諦めないとしました。ブロックチェーンの本質が公平、透明、平等であり、それを発明する人がブロックチェーンの上に金融生態モデルを作成するのは、Bit Morgan乃至金融界にとって、たぶん人類への最大の利益ではないでしょうか。

Bit Morgan
Tele: +1 713-776-3876
Email: john@bitmorgan.com

# by jcnnewswire | 2020-03-10 00:52 | Comments(0)

ヒューストン, 2020年3月9日 - (JCN Newswire) - この間、伝統的な金融財団Bit Morganがブロックチェーンに向かって進んでいる同時に、その取引の業務内容にETFをブランドにするという取引種類を増設します。伝統的な金融市場では、ETFは一種の重要な投資信託として、多くの投資者に知られていて、しかも、これを通して、それらの投資者は資産の価値が上昇することが実現しました。ETFの本質が基金製品で、Bit Morganが仮想通貨の属性や価値を参考した後、仮想通貨ETFを設けました。したがって、Bit Morganの仮想通貨ETFは本質が一種の基金製品に属するが、仮想通貨の特性に基づいて、仮想通貨を証券化するといってもいいです。

Bit Morganによりますと、ETFが仮想通貨の様式を変わり、産業のアップデートがすぐ目の前に迫っている_a0390018_02455035.jpg

Bit Morganの設計の考え方に基づいて、Bit Morganの仮想通貨ETFは多種の仮想通貨資産をプレゼンテーションパックできて、BTCだけではなく、ETH、EOSにも及びます。それも伝統的なETF重要性の一つです。仮想通貨ETFは投資方式において、「沖」という概念を一番に置き、多種の持株比率も設けるにおいて、最終に実の収益が予算より大きい確率を保証します。ETFの本質に基づいて、Bit Morganが設けた仮想通貨ETFが伝統的なETFとのメカニズムは完全に一致することができて、仮想通貨ETFが市場においての可能性を確保します。

では、Bit Morganの仮想通貨ETFにはどのようなメッセージがありますか。

1.機関に資金ルートを提供します。
Bit Morganの仮想通貨ETFを発行するならば、機関、様々な伝統基金や養老金は仮想通貨を投資することができます。言い換えれば、全世界での大量の資金は仮想通貨市場に流れ込むかもしれません。大量の買い取りは仮想通貨価額の傾向を進めることができて、BTC、ETHなどの主要な通貨にまで一挙に進めて、それを過去最高の価値を超えることができます。

2.投資のハードルを下げて、大量の個人投資家をひきつけます。
伝統的な金融市場において、ETFは長期的な投資にふさわしいのに対して、高いハードルが要らないので、Bit Morganの仮想通貨ETFは普通の大衆に仮想通貨の投資に参加させられます。仮想通貨という大環境のもとに、全民参加という局面になる可能性が高いです。

3.業種の変革を進めます。
周知のように、仮想通貨市場においてもっとも重要なのは共通意識が価値を作るということです。大量のユーザーが市場に入ると、更なる強い共通意識が業種の進歩を進めます。Bit Morganのその策は変容的に業種の進歩を進めて、変革を加速します。

歓声が従う2020年の上げ相場が来ます。その中で仮想通貨市場全体を見渡すと、仮想通貨ETFへの期待そのものは外部資金およびもっと広い市場を認めたいことだと分かります。それは未来、仮想通貨の高速発展の一つの可能な原因です。Bit Morganが発行する仮想通貨ETFはもし無事に世界に向かうと、仮想通貨の信頼価値を作り直して、仮想通貨の発展をさらに進めます。

Bit Morgan
Tele: +1 713-776-3876
Email: john@bitmorgan.com

# by jcnnewswire | 2020-03-09 02:46 | Comments(0)

マンガプロダクションズ・東映アニメーション共同製作 サウジ初長編アニメ映画『ジャーニー』を2社の配給会社が契約_a0390018_14390004.jpg


マンガプロダクションズ(サウジアラビア・リヤド)は 〜 VOX Cinemas(U.A.E. ドバイ)と、株式会社ティ・ジョイを率いる東映アニメーション株式会社(東京都中野区)の2社と「ジャーニー(The Journey)」の配給契約を締結しました。同作品は同社が東映アニメーション株式会社と製作中の劇場用長編アニメーション映画です。

マンガプロダクションズ・東映アニメーション共同製作 サウジ初長編アニメ映画『ジャーニー』を2社の配給会社が契約_a0390018_14384009.jpg

VOX Cinemas社との契約締結
マンガプロダクションズ・東映アニメーション共同製作 サウジ初長編アニメ映画『ジャーニー』を2社の配給会社が契約_a0390018_14385053.jpg

ティ・ジョイ社との契約締結

『ジャーニ』は、サウジアラビア建国以前のアラビア半島および中東の文明が発展する壮大な物語を、高度なアート手法を用いて、後世に長く語り伝えようとする長編アニメです。同アニメは、マンガプロダクションズと東映アニメーションが静野孔文氏を監督に迎え2018年1月にスタートしました。静野氏は『ゴジラ』や『名探偵コナン』を手がけたことで知られています。同アニメの制作はリヤドおよび東京で300人以上の制作チームを動員して行われてきました。同作品は4DXでの放映が決まっており、サウジアラビア映画としては初めて4DX技術が使用される作品となります。

マンガプロダクションズCEO イサム・ブカーリ氏は、「『ジャーニー』の制作の過程で、多くのサウジアラビアの若者が、日本の専門家からアニメ制作のノウハウを学ぶ機会を得ました。長年にわたり、 多くのサウジアラビア人がアニメーションを通じて日本の文化に憧れてきました。東映アニメーションとの映画共同制作が貴重な機会で あることを誇りに思うと同時に、今回は本作品を通してサウジアラビアならびにアラブの文化を、日本と世界中の視聴者様に楽しんで頂けたら嬉しく思います」と抱負を述べました。

マンガプロダクションズ・東映アニメーション共同製作 サウジ初長編アニメ映画『ジャーニー』を2社の配給会社が契約_a0390018_14385622.jpg

東映アニメーション常務取締役の清水慎治氏は、「日本とは異なる文化、ライフスタイル、習慣を持つアラビア半島の古代史を題材とした長編アニメーションを日本人が制作するということは、とても光栄なことであり、また 大きな責任も伴うものでした。日本のアニメーションの専門家とサウジアラビアの若き才能が、肩を並べて制作に当たった合作映画であり、こうした文化交流を実現できたことを誇りに思います。日本では東映アニメーションが配給を行い、東映アニメーションの提携会社であるティ・ジョイの劇場で今秋に公開される予定です。」と述べました。

VOX Cinemasのチーフ コンテンツ オフィサー、トニー・アルマーシ氏は「『ジャーニー』は日本のアニメアートスタイルを取り入れて中東の物語を語るユニークな映画です。これは、見る人にとってかつてない新しい体験になるでしょう。」と付け加えました。

現在『ジャーニー』は、最終の編集にはいっており、秋以降、サウジアラビアならびに中東諸国、日本の劇場で 上映予定です。同アニメ映画は、アラビア語・日本語の多言語で放映されます。

一方、マンガプロダクションズ初のアニメ・シリーズ『アサティール:未来の昔ばなし(Future's Folktales)』が、毎週金曜日、中東のテレビチャンネル『MBC1』および動画配信サービス『Shahid』で放送されています。このシリーズは1200万回の視聴回数を記録し、第2話までにソーシャルメディアで5000万人が話題にしています。

●ティ・ジョイ=シネマコンプレックスチェーンを日本全国で運営、東映のグループ会社。
●VOX Cinemas=ドバイを本社として中東、北アフリカに映画を配給する会社。
以上
【会社概要】マンガプロダクションズ = Manga Productions
マンガプロダクションズ・東映アニメーション共同製作 サウジ初長編アニメ映画『ジャーニー』を2社の配給会社が契約_a0390018_14390004.jpg

所在地:Al-Fazary Square, Diplomatic Quarter, Riyadh, KSA
代表者:CEOブカーリ・イサム = Essam Bukhary
URL:http://manga.com.sa/
問い合わせ先:マンガプロダクションズ 東京オフィス(担当:安倍)
TEL:03-5251-8020
e-mail: eri.abe@manga.com.sa
# by jcnnewswire | 2020-02-28 14:39 | ニュース | Comments(0)

BTS Takes Over Twitter with 17 Million Tweets in 48 Hours_a0390018_13570416.jpg


- BTS (@BTS_twt) released their highly-anticipated 4th studio album, "MAP OF THE SOUL : 7" on 21 February, and BTS ARMY took over Twitter with 17 Million Tweets generated within 48 Hours
- The Tweet volume peaked when the album was released on 21 Feb, from 6pm-7pm KST
- Top hashtags included #MAP_OF_THE_SOUL_7, #BTSComeback2020 and #ON

SEOUL, KOREA, Feb 25, 2020 - (Media OutReach) - Global superstars BTS (@BTS_twt) released their highly-anticipated album, "MAP OF THE SOUL : 7" on 21 February, 6pm (KST), and ARMY all over the world naturally took to Twitter to rave all about it. From 21 February 6am to 23 February 6am (KST), 17 Million BTS-related Tweets were generated within 48 hours.

BTS Takes Over Twitter with 17 Million Tweets in 48 Hours_a0390018_13571144.jpg

BTS's #MAP_OF_THE_SOUL_7 related Tweet Trandmap


Tweet volumes peaked within the first hour when the album was released, generating 1.2 Million Tweets from 6pm to 7pm (KST) on 21 February. The Top Tweet from BTS (@BTS_twt) official account was 'D-Day', announcing the day of their comeback with a series of photos including a selfie from RM and various artworks.

(Embeddable Tweet: https://twitter.com/BTS_twt/status/1230518011586478080)

Here is a list of Top 5 Tweets from the official BTS members account (@BTS_twt) and BTS' Label, Big Hit Entertainment (@BTS_bighit).

Top 5 Tweets from BTS account
1. https://twitter.com/BTS_twt/status/1230518011586478080
2. https://twitter.com/BTS_twt/status/1230626716428587008
3. https://twitter.com/bts_bighit/status/1230598088647172096
4. https://twitter.com/bts_bighit/status/1230658502982430721
5. https://twitter.com/bts_bighit/status/1230718828205637633

Sia (@sia) and Justin Bieber's (@justinbieber) Tweets related to BTS' new album has also gained a lot of attention.

(Embeddable Tweet: https://twitter.com/Sia/status/1230851415591051264)
(Embeddable Tweet: https://twitter.com/justinbieber/status/1231429797739257856)

With the BTS ARMY going wild on Twitter, the top hashtags excluding #BTS and #* was the album title #MAP_OF_THE_SOUL_7, Next on the list is #BTSComeback2020 and lead single, #ON.

Top hashtags (Excluding #BTS, #* (BTS))
1. #MAP_OF_THE_SOUL_7
2. #BTSComeback2020
3. #ON
4. #Connect_BTS
5. #WeOnWithBTS

Fans all over the world turned to Twitter to join the #MAP_OF_THE_SOUL_7 conversations and #BTS updates. Come and join Twitter conversation today to see and talk about your favourite Kpop idols and stay updated everyday with other Kpop fans around the world!

About Twitter

Twitter, Inc. (NYSE: TWTR) is what's happening in the world and what people are talking about right now. On Twitter, live comes to life as conversations unfold, showing you all sides of the story. From breaking news and entertainment to sports, politics and everyday interests, when things happen in the world, they happen first on Twitter. Twitter is available in more than 40 languages around the world. The service can be accessed at twitter.com, on a variety of mobile devices and via SMS. For more information, visit about.twitter.com or follow @TwitterKorea. For information on how to download the Twitter and Periscope apps, visit twitter.com/download and periscope.tv.

Media Contact
Heejung Shin
Twitter Korea
Email: Heejungs@twitter.com
Twitter: @xinxi1

* Some terms in this release are displayed in Korean as indicated with asterisk. Please refer to the full release at https://www.media-outreach.com/View/28861/
# by jcnnewswire | 2020-02-26 13:57 | Comments(0)

● 旧い商業システムの痛点
商業は売買の方法を以て、商品を流通させる経済的イベントである。その中に四つ肝心な要素がある:第一:製品とサービスがよい;第二:コストは低い;第三:効率は高い;第四:伝播が速く、広い。

蒸気機関時代であっても、それとも電気時代、インタネット時代、乃至目下のスマート時代であっても、やったすべてのことはこの四条項によりよく成し遂げることである。しかし、いままでの商業組織は常に始めから急速に発展していたが、間もなく停滞し、ひいては元の業態へ後退し、大量の問題を露出したし、例えば:
1、総体が「効率が低いし、コストが高い」態勢を呈示する
2、旧い商業システム情報の不対称
3、起業情報の離島
4、商品の真偽が見分けにくいし、ユーザーの権利擁護コストも高い
5、大手が独占し、中小企業には融資しにくいし、融資も高い
6、グローバル化貿易の流れが煩瑣であり、取引効率も低い
等々。

● ブロックチェーンが新しい商業にエンパワーメントする
ブロックチェーンの非中央集権型、情報の改竄不可能、暗号の安全、グローバル性、匿名性、開放性、自治性などの特徴に基づき、グローバル商業のために顚覆的な変化をもたらす。一は信頼コストを大幅に低下させるし、業界横断、地域横断、業態横断の各種商業イベント連盟を組織できる;二は価値のリレーを実現し、グローバル商業中の各種商業権益が需要により、移転と交換を行える;三はデータ交換コストを降下し、データの全て権益を保障し、これは大いに各商業組織の間において、データ交換の障碍を共有し、商業経営中にボーダーレス夢を実現する。

● ブロックチェーン商業システム
ボトン(Botton)がグロバール分散型自己交渉ビジネスシステムと定義された。ブロックチェーン技術に基づいて、地域横断、人群れ横断、業態横断に基づき、共同で遡及可能、信用の定量化可能、データの公開透明、クラウドファンディング、投資、消費、会員サービス、正確的なマーケティングなどのシーンを一体に集めたサプライチェーンを作り出し、共同参与、共同建設、共同共有の商業環境を形成し、複数の当事者が参加し、複数の当事者が利益を得られる新しい商業エコを構築する。ボトン(Botton)は、事前に設定された透明なルールを通じて、組織管理、役割の分担、信頼の建設、価値の交換を行うことを通じ、一種や複数の対等な地位を備える商業利益の共同体を構築し、グローバル商業システムを再構築することを目指す。
Botton:未来の新しい商業を開く_a0390018_17333759.jpg

Bottonは鉱夫、投資者、商家、消費者、伝播者を一体と集めた総合的な商業プラットフォームシステムを作り出し、BOC(Botton Coin)はシステム内において、流通の権益証明である。鉱夫は全体システムの急速な運行を保護し、同時に相応的なBOC奨励を獲得できる;投資者は遊資をBOCの形を以て、優れた商業標的に投資する;消費者はBOCを消耗することで、商家が発売する相応的な商品とサービスを獲得できる;伝播者はBotton商業システムの宣伝を通じ、より多くの人々にBottonを理解し、このプロセス中において、一定のBOC奨励を獲得する;商家はBOCの完備な商業システムを利用し、経営規模を拡張できる。それら先だって、Bottonブロックチェーン商業システムに参加した企業は、きっと業界のリーダーとなるに違いないし、Bottonに基づいたリソースと技術は産業チェーンの制御力と形成し、且つ構築し、企業のコア競争力となり,追い越されたり、模倣されたりしがたい。

ボトンブロックチェーン商業システムの五つ大きなコアアイデア:接続、価値、体験、共有、ウィンウィン。

● Botton未来の企画
ブロックチェーン世界の中に如何なる素晴らしい見通しがあり、且つそれを行動に移すプロジェクトはすべて必ず完璧なエコを持たなければならない。

事実上、エコはビジョンの倒立像であり、一つプロジェクトが活発的、健康的、持続可能な開発且つ自分のアイデアとビジョンに該当するエコを形成できるか、あたかも一つプロジェクトが成功できるかのマークである。

Botton中において、商業の盛世ビジョンを取り巻き、行ったインフラ建設、経済システムや管理制度の運営、及びエコ応用建設は、最終的に前例無し、繁栄富裕であるが、また面白くて、楽しいBottonエコを形成する

Bottonエコが成熟した後、Bottonは非中央集権型、自治、平穏的な形を以て、永続・開発でき、すべてBottonのメンバーのために富の成長と基本的保障を提供するし、且つBottonを全世界へ拡張していき、全人類に幸せをもたらす。

この目標を達成するためにBottonは3つエコ建設段階を企画した:
● エコの起動段階
● アプリケーションの建設段階
● エコの成熟段階

エコの成熟段階に入った後、Bottonは完全なコミュニティ自治を実現し、すべてのメンバーはBottonの未来を決め、Bottonが自己運行、永続的な商業楽土となる。

開発しておるプロセス中において、Bottonは絶え間なくインフラ、経済システムや管理制度を完備し、同時にBottonは更にその非中央集権型エコアプリケーションマトリックスを構築する。例えば、Bottonショッピングモール、Botton商業メッセージプラットフォーム、ブロックチェーンクラウドファンディングプラットフォーム、ブロックチェーン商業保険、ブロックチェーン商業貸借、Bottonライトニングペイ、Botton投資基金、Bottonに基づいた偽造防止遡及システム、信用情報システム、在庫管理システム等々。Bottonのメンバーのために完璧的、繁栄、活力のあるBottonエコを呈示し、逆にBottonの成長を促し、Bottonが全人類が共有する商業の天国となる。

Bottonの設計、構造及び開発するプロセス中において、いつまでも自由、平等、民主のコアアイデアを貫き、且つ次から次へと富が生じていき、全部の人々のために真新しい商業システム及び富と心の自由をもたらす。

Company Name:Botton
Person:Tony Liu
Email:bottonglobal@gmail.com
# by jcnnewswire | 2020-02-16 17:34 | ニュース | Comments(0)

AvaTradeが日本でMetaTrader 5を導入_a0390018_00520729.jpg


東京, 2020年2月13日 - (JCN Newswire) - アヴァトレード・ジャパン(日本金融庁第1662号、JFSA&FFAJ第1574号)は、最大の外国為替プラットフォームの1つであるMetaTrader 5を現地オフィスで導入し、日本のトレーダーは、この強力なプラットフォームのデスクトップ、モバイル、およびWebバージョンにアクセスできるようになりました。

MetaTrader 5プラットフォームには、同国のAvaTradeのトレーダーにとって多くの利点があります。

1. 低スプレッド(0.4ピップス)、最も効率的な取引ツールとリソース
2. 株式、インデックス、ETFを含む何百もの追加の取引商品
3. PC、iOSおよびAndroid用のMetaTrader 5モバイルアプリケーション、Webブラウザーなど、あらゆるデバイスからの簡単なアクセス
4. 強力な分析: 21の時間枠、組み込みのテクニカル指標とグラフィカルツール
5. 自動売買ロボットの開発とテスト: 多通貨ストラテジーテスターと組み込みMQL5開発環境
6. ワンクリック取引、高速注文執行

アヴァトレード・ジャパンCEOの丹羽博氏は述べています。「弊社が日本の市場でMetaTrader 5をいち早く採用したことを発表できるのを嬉しく思います。これは、お客様に最新かつ最も革新的なソリューションを採用するという業界リーダーとしての弊社の長期戦略の一部です。それを実現できたのは、弊社戦略パートナーが率いるMetaQuotesとの緊密かつ強力な関係のおかげです。」

アヴァトレード・ジャパンの詳細については、 www.avatrade.co.jpをご覧ください。

AvaTradeについて

AvaTradeは、2006年に設立された受賞歴のある外国為替およびCFDブローカーであり、最先端のモバイルアプリであるAvaTradeGOを含む主要な取引プラットフォームのフルスイートとともに、1000を超える金融商品を提供しています。AvaTradeのクライアントには、個人アカウントマネージャ、包括的な教育資料のコレクション、多言語のクライアントサポートが提供されています。AvaTradeはあらゆるレベルのトレーダーに対応し、高度な暗号化と完全に分離されたアカウントによって取引の安全性をさらに確実なものとしています。AvaTradeは9の管轄区域で規制されており、最近、世界有数のビジネス出版物の1つであるThe Europeanによって2020年Most Regulated Broker賞を受賞しました。

アヴァトレード・ジャパン株式会社は関東財務局長(金商)によって認可(第1661号)されており、金融先物取引協会および日本投資顧問協会の会員です。

プレス窓口
丹羽広
CEO
H.Niwa@avatrade.co.jp
# by jcnnewswire | 2020-02-14 00:52 | ニュース | Comments(0)

ゲインスキーインベストメントは6か月で2倍に成長_a0390018_13531016.jpg


ドイツ・ハンブルク, 2020年2月10日 - (JCN Newswire) - 過去6か月間、会社に益々多くのクライアントが外国為替に投資しているため、ゲインスキーインベストメントの大幅な成長が見られた。 同社は現在の成長率に満足しており、個人投資家に外国為替が依然として人気であることを証明する。

外国為替市場は、1973年にグローバルに設立され、そのルーツは中世にまでさかのぼる。 外国為替市場は年中無休で、投資家はどこからでも、何時であっても取引することができる。 さらに、外国為替市場は非常に安全であり、投資家の資金が簡単に吸い上げられないようにすることができるオンラインに対して脆弱ではない。 これにより、個人投資家や機関投資家が安心して取引できるようになり、外国為替市場の安全性が強調されるのだ。 外国為替市場は即座に取引を行うため、処理時間無しで迅速かつ効率的に取引できます。 処理時間がないため、ビジネス効率が向上し、生産性が向上するのだ。

更に、過去数か月間、世界の地政学的な状況で負の変化が見られた。 この世界的混乱の期間に外国為替市場が大きな利益を提供する可能性は、外国為替の時流に飛び乗る投資家の波を引き起こす可能性がある。 最近のコロナウイルスの大発生、オーストラリアの大規模な山火事、イランと米国の敵対関係、エジプトとエチオピア間の緊張の高まりにより、外国為替市場は投資家が世界的な出来事の不確実性を利用するための道にすぎないかもしれない。

これらすべて上記の要因を考慮して、ゲインスキーインベストメントは今後もより多くの顧客にサービスを提供できることを楽しみにしており、プラットフォームの改善を続けていく。 同社は、この分野のリーダーになることを目指し、顧客が安心して取引でき、且つ信頼できるプラットフォームを提供していく。 更にゲインスキーインベストメントは、絶えず変化するニーズに合わせて、誓約を再確認したいと考えている。

新年の更なる健勝と発展を祈念し、以上とする。

メディア連絡先:
ウェイン・ピーターズ
pr@gainsky.com
+49 30 577026148
gainsky.com
# by jcnnewswire | 2020-02-10 13:53 | ニュース | Comments(0)

2019年2月3日(中国広州市)- ZWSOFTは本日、オールインワンCAD / CAMソリューション・ZW3D 2020をリリース致しました。ZW3D 2020は、CAD・Mold・CAMモジュールに多数の新機能と拡張機能の搭載により、複雑な製品をより簡単に設計、製造できるようになりました。

ZW3D 2020: 複雑な製品設計および製造をより簡単に_a0390018_10520860.jpg


ZW3D 2020は、複雑な設計をより簡単にという考えを継承し、モデリング機能、効率と安定性を向上するためのプラットフォーム機能、および複雑な設計と製造をサポートするアセンブリ機能を大幅に改善いたしました。金型設計と電極設計では、市販するパーツデータが充実され、お客様のニーズお応えいたします。また、CAMモジュールは、強化された旋盤工具、2〜3軸ミーリングの新機能、強化された検証ツール等によって、ZW3D CAMを新たにハイレベルに引き上げました。

ZW3D 2020の多数の新機能の中で、皆様にご紹介したい機能は次のとおりです:

製品設計
新しい荒オフセットは、製品モデルに基づいて一連のオフセットサーフェスを柔軟に作成することができ、鋳造、パッケージング、および板金設計効率を高めます。
PARTsolutionsアドインは、新たに追加された17か国の標準部品をサポートいたしました。またお客様にて標準部品を簡単に挿入することができるようになりました。
アセンブリも強化され、柔軟性と速度を向上させました。拘束処理の改善により、完全拘束のコンポーネントは、設定の範囲内で移動できるようになりました。また、違うレベルのサブアセンブリの間でコンポーネントを移動する場合は、関連する拘束を保持するようになりました。自動穴一致、レイアウトの組み立てる機能を追加することで、アセンブリの組み立てはより速くなりました。

ZW3D 2020: 複雑な製品設計および製造をより簡単に_a0390018_10521144.jpg

図1.完全拘束のコンポーネントは特定の範囲内で移動できます

金型設計
ライブラリコマンドがさらに充実致しました。新たにポジティブスクリュー、ロケートリング、くさび、スプリングなどの標準部品が追加され、お客様にて標準部品の追加・編集することが簡単になり、金型設計の効率化が図れます。
より豊富な電極ツールは、電極設計をより簡単に。例えば、自動的に複数の電極ブランクを作成できます。ダイナミックサークルを使用して特定の場所に電極を挿入できるか判断するなどができます。また、電極部品表の生成、電極にテキストを挿入などもできます。
冷却システムをより高速に作成できます。リアルタイムプレビューにより、様々なパラメーターの調整できます。溝、テーパーロック、ランナー、ゲート等も簡単かつ直感的に作成でき、より最適な金型設計を実現致しました。

ZW3D 2020: 複雑な製品設計および製造をより簡単に_a0390018_10521582.jpg

図2.冷却回路リアルタイムプレビュー

CAM 設計
旋削機能の充実により、新たに荒削りと仕上げ削りに丸溝形工具をサポートしました。工具の変更は、工具マネージャーで直感的にプレビューできます。突っ切り作業の切削深さもカスタマイズできるようになりました。
2軸、3軸ミーリングも強化されています。2軸ミーリングでは、部品の文字彫刻をサポートしました。また、バリを除去するために「3軸文字」機能が追加されました。3軸ミーリングは、等高線オペレーションにおいて3D等間隔の切り込みをサポートされましたので、よりスムーズな精密加工ができるようになりました。さらに、QMパッチパスの計算処理は、マルチコアCPU対応となっていますので、計算時間を大幅に(特に複雑なタスクに対して)短縮することができます。
フルマシンシミュレーションは、マシンの運動モデルを考慮した実際の加工プロセスのシミュレーションを行うことができます。潜在的な問題を検出することにより製造上の問題を回避して生産性を高めることができます。

ZW3D 2020: 複雑な製品設計および製造をより簡単に_a0390018_10521801.jpg

図3.実際の加工プロセスをシミュレートする完全なマシンシミュレーション

「より複雑な製品設計が可能にという目標を基に、基礎となるアーキテクチャを最適化し、ニーズに合った機能の開発に取り組んでいますので、ZW3D 2020は、柔軟性と効率を向上させました。今後は、さらに"より複雑な製品設計が可能に"なるように開発に取り組んで行こうと思っております。その強化された機能は、お客様の設計と製造をより簡単にするのに役立と確信しております。」とZWSOFTのテクニカルディレクター、William Liが言いました。

お客様の声
2019年9月にZW3D 2020ベータがリリースされて以来、1000人以上のお客様がZW3D 2020の新機能を試しました。この新バージョンは多くのZW3Dユーザー、パートナー、メディアから広く支持されています。オランダのLuurt氏は次のように述べています。

「ZW3D 2020を試しました。大きく改善しました!一番好きな新機能は金型モジュールの冷却回路です。」

ZW3D 2020を試しましょう
素晴らしい新機能を体験できる30日間無料体験版ダウンロードはこちらから

ZW3Dについて
ZW3Dは、中国の広州に拠点とするZWSOFT CO., LTDにて開発されたすべての製品開発プロセスに使用できる統合CAD / CAMソリューションです。最速のカーネルを備え、ソリッドとサーフェスが同時に使用できるハイブリッドモデリング、ノンソリッド金型分割及び、2軸から5軸までのスマートなCNC加工ができるCAMをサポートできます。コストの削減、設計ワークフローの最適化、効率の向上など、お客様に多くのメリットを提供致します。
# by jcnnewswire | 2020-02-03 10:53 | ニュース | Comments(0)

Inaugural Davos-Africa Night brings Davos attendees to their Feet_a0390018_23441612.jpg


DAVOS, SWITZERLAND, Jan 31, 2020 - Platform Capital, Platinum Sponsor of the night, Ubuntu Tribe together with Africa10 hosted the Africa Night complete with an Afrobeat party at the Davos World Economic Forum 50th year anniversary.

The business programme centred on accelerating Africa's development through digital transformation, with Tara Nathan, Executive Vice President, Public-Private Partnerships, Mastercard; Lacina Kone, CEO, Smart Africa Secretariat; Carole Wainaina, COO, Africa 50 Fund; Jorge Sebastiao, CTO, Huawei; Emmanuel Aidoo, Head of Distributed Ledger Strategy, Credit Suisse Group; and David Ellington, Founder & Chairman, Silicon Valley Blockchain Society:
"Making Wakanda a Reality: How to Accelerate Africa's Sustainable Growth Through Digital Transformation"

Special attention was given to the presentation of the Kakuma Refugee Project by Young Global Leaders, by filmmaker Joseph Okello.

Elsie Kanza, Head of Africa at World Economic Forum; Ozwald Boateng, Founder, Ozwald Boateng; Dr. Akintoye Akindele, Chairman, Platform Capital; Richelieu Dennis, Founder, Sundial Group; Kojo Annan, Founder, Africa10; and Cherie Blair, Founder, The Cherie Blair Foundation for Women who stressed the role of African women saying, "The greatest thing about investing in Africa is the African woman. She is the heart of the society, the reliable part of the society, the supporter of the society and the leader of the society; and that's the most important thing."

The event closed on a high note with arrival of celebrity star, Wesley Snipes, joining a barefoot-dancing executive crowd to the sound of Afrobeat music led by delegations from Ghana, Mali, and Ukraine.

Sponsors of the event were the Kenya-based Kakuma Refugee Camp Initiative, Vlisco, Smart Africa, Africa 50 and OR ADDICT.

Dr. Akintoye Akindele of Platform Capital with Kojo Annan of Africa10 and Mamadou Kwidjim Toure of Ubuntu Tribe stated: "Africa has the best suited soil to embrace the Stakeholders Capitalism model proposed by Professor Schwab in his Davos Manifesto launched this year, because African culture is structured around community and collective consciousness inspired from the Ubuntu philosophy "I am because we are".

The Davos success has prompted Platform Capital, Ubuntu Tribe and Africa10 to initiate a bigger African movement at the WEF next year and launch: the "Africa House".

About Platform Capital
Platform Capital is a growth markets focused, sector agnostic, principal investment and advisory firm with 5 global offices. https://www.theplatformcapital.com/

About Ubuntu Tribe
The Ubuntu tribe is a passionate group of diverse people determined to contribute to financial inclusion and wealth creation. It is one of the world's most innovative digital asset companies. https://www.ubuntucoin.io/

About Africa 10
Africa 10 aims to identify, inspire, mentor, educate and empower the next generation of African leaders. https://www.africa10.com/

Media Contact: Ms. A. Serebrennikova
Sacha@ubuntucoin.io +79167334952

For information about Platform Capital, contact: Ponmile Osibo
+234-9065201862 p.osibo@theplatformcapital.com
# by jcnnewswire | 2020-01-31 23:44 | Comments(0)

KECの過失により橋梁破損

KECの過失により橋梁破損_a0390018_16342733.jpg


米国ラスベガス, 2020年1月29日 - (JCN Newswire) - コマツアメリカ株式会社とKomatsu Equipment Company(KEC)、およびワシントン州ロチェスターを拠点とするModern Machinery Co., Inc.は、Environmental Transportation of Nevada, LLC(ETON)によって訴訟を起こされており、ワシントン州の州間高速道路5号線の橋梁破損について、寄与過失を問われています。

2016年7月20日、コマツの掘削機2台を積載したセミトラックが、ワシントン州シェハリス近郊の州間高速道路5号線に架かる高架に衝突し、重大な構造損傷を起こしました。

訴訟では、コマツアメリカの代理店であるModern Machineryが、適切かつコマツが公開した輸送時の出荷寸法に沿って掘削機を積載していなかったと主張しています。

KECは、故意に不正な積荷情報を送信し、州間高速道路5号線の橋梁破損につながる一連の出来事を引き起こしました。ETON経営陣によると、「KECがこの積荷について正しい高さ制限を提供していたら、ETONはこれを運搬することはなかった。」とのことです。

Modern Machineryは、億万長者のDennis R.Washingtonが所有するWashington Companiesとして総称される非公開企業の大規模なコンソーシアムの一部です。Modern Machineryは、高品質な重機の販売およびレンタルを行い、建設、鉱山、林業業界に機械のサポートを提供しています。ワシントン州ロチェスターにあるModern Machineryのターミナルには、海外から持ち込まれ、コマツ販売店に出荷待ちの各種機械の大規模なステージングエリアが集結しています。

ETONは米国ラスベガスを拠点とする大手の運送会社であり、米国西部で機械、プロの運転手、優れたオンタイム・サービスを提供しています。

コマツアメリカ株式会社は、建設・鉱山機械やユーティリティ(小型機械)などの製造・販売事業で世界で2番目に大きい会社であるコマツの米国子会社です。コマツアメリカは、その他にも、フォークリフトや林業機械事業も扱っています。コマツは、販売代理店を通じ、お客様に最高水準の部品やソリューションを提供し、機械のサポートを実施しており、1世紀近くにわたり高品質で信頼性のある製品を提供し続けています。

お問い合わせ先:
Mitchell Truman
+1-702-348-6370
www.ETON.me
Environmental Transportation of Nevada, LLC
# by jcnnewswire | 2020-01-29 16:46 | Comments(0)

日本の化粧品フェアにマジックストリップが招待されました

2020年に開催されたアジア最大の日本化粧品展示会「COSME TOKYO & COSME TECH」が、20日から22日まで千葉の幕張メッセで盛大に開催され、主催者によりマジックストリップが招待されました。このブランドはしわやアンチエイジング効果が絶大で、アジアをはじめとする世界のあらゆる地域で、技術的に大きな影響力を持っています。今回が、マジックストリップの日本でのデビューでした。

「COSME TOKYO & COSME TECH」は、アジアを代表する総合化粧品B2Bトレードショーになると考えられ、既にアジアで最大かつ最もプロフェッショナルな美容と理容の展示会となっています。この展示会には世界中からプロフェッショナルな美容関係者や出展者が集まっており、マジックストリップは中国で唯一のアンチエイジングブランドとして招待されました。


「COSME TOKYO & COSME TECH」化粧品展示会におけるマジックストリップ:日本の美容産業から賞賛_a0390018_14072942.jpg


マジックストリップのアンチエイジング効果は日本で大きな反響を呼ぶ

マジックストリップは、顔の人間工学の原理に基づいた3つのコア特許、革新的なマトリクス弾性ファイバー、画期的な微晶質の凝縮技術で日本でのデビューを飾りました。これらはすべて、世界中の美容関係者や投資家の注目を集めています。マジックストリップのユニークなデザインコンセプトと、強力かつ迅速なしわ対策やアンチエイジング効果が観客を魅了しました。人々は、当ブランドにおける製品のわずか30分で効果を実感できるマジカルで瞬間的な効果を体験するために集まりました。会場の参加者はマジックストリップの魔法に感嘆せずにはいられず、マジックストリップのブランドへの賛辞を表明し、このようなユニークなアンチエイジング製品は日本では例がなく、他の国では例がないと訴えました。

マジックストリップのアンチエイジング効果としわ減少効果は、すでに歴史が長い美容業界で関心が高まっています。マジックストリップは、アンチエイジングや、しわを抑え「外部から肌に力を加え」リペアすることを成し遂げた世界で唯一のスキンケア製品です。マジックストリップを使用することで、肌を引き締め、しわを減らし、皮膚をしわやダメージから守り、しわの再発を防ぎ、肌を保湿し、皮膚を若々しく保ち彫刻作品のようにすることができます。そのため、化粧品展示会ではこれまでになく歓迎され、世界中の観客の注目を集めました。

今回の展示会では、日本の美容業界では類を見ない画期的なアンチエイジング技術を紹介し、多くに受け入れられました。初お披露目では、業界にセンセーションを巻き起こしました。展示会のバイヤーたちは、製品を体験したり、交渉したり、写真を撮ったり、契約を結んだりするために、続々とマジックストリップの展示スペースに訪れました。最終的に、数千人ものバイヤーがマジックストリップと戦略的なパートナーシップを結びました。数万人もの人が参加していた展示会では数多くの注文を記録し、当ブランドは群をはるかに超えてパフォーマンスを発揮しました。中国の美容業界を代表する「マジックストリップ」は、日本の美容業界から高く評価されました。

マジックストリップ、「クロスセンチュリー」なアンチエイジング製品として歓迎される

人は日々年を取ります。そのため、アンチエイジングは巨大なグローバル産業であるだけでなく、究極の美の追求でもあります。同様に、アンチエイジングは私たちが若々さのもととなります。

マジックストリップは、世界のアンチエイジング問題を一挙に解決する画期的なアンチエイジング製品を開発しました。また、アメリカ、韓国、ドバイ、スイスなど国内外の100以上の国・地域で好評されています。

画期的なアンチエイジング製品として、マジックストリップは、日本の「COSME TOKYO & COSME TECH」化粧品展示会において、専門家や投資家から満場一致で求められ、「クロスセンチュリー」なアンチエイジング製品として歓迎されました。そんなわけで、東京で開催されたこの化粧品展示会では間違いなく最も明るく輝くアンチエイジング界のスターとなりました。

日本におけるマジックストリップの初お披露目は、日本市場への公式デビューとなりました。当ブランドならではのアンチエイジング効果は、日本の美容消費者の新たなトレンドとなっており、この製品のコンセプトは、日本の美容業界にアンチエイジングについての新たな方向性を示しました!マジックストリップのアンチエイジングとしわ改善効果は既に世界をリードしています!

Miss Li
2881505293@qq.com
http://www.magicstrips.cn
# by jcnnewswire | 2020-01-29 14:08 | Comments(0)

ワシントン・カンパニーズの従業員、米国連邦裁判事件で重要証拠を破棄_a0390018_09485993.jpg


米国ラスベガス, 2020年1月29日 - (JCN Newswire) - コマツアメリカ株式会社とKomatsu Equipment Company(KEC)、およびワシントン州ロチェスターを拠点とするModern Machinery Co., Inc.は、Environmental Transportation of Nevada, LLC(ETON)によって訴訟を起こされており、ワシントン州の州間高速道路5号線の橋梁破損について、寄与過失を問われています。

2016年7月20日、コマツの掘削機2台を積載したセミトラックが、ワシントン州シェハリス近郊の州間高速道路5号線に架かる高架に衝突し、重大な構造損傷を起こしました。

訴訟では、コマツアメリカの代理店であるModern Machineryが、適切かつコマツが公開した輸送時の出荷寸法に沿って掘削機を積載していなかったと主張しています。

証言録取の過程で、2つの事故報告書が作成されていたことが判明しました。しかし、トラックに荷物を高く積みすぎたヤードマネージャーによって作成された事故報告書は、進行中の裁判の重要証拠の一部として破棄されました。2つめの事故報告書はModern Machineryのマネージャーから提出されたもので、その中には事故と整合しない不正確で追加的な情報が含まれていました。

Modern Machineryは、億万長者のDennis R.Washingtonが所有するWashington Companiesとして総称される非公開企業の大規模なコンソーシアムの一部です。Modern Machineryは、高品質な重機の販売およびレンタルを行い、建設、鉱山、林業業界に機械のサポートを提供しています。ワシントン州ロチェスターにあるModern Machineryのターミナルには、海外から持ち込まれ、コマツ販売店に出荷待ちの各種機械の大規模なステージングエリアが集結しています。

ETONは米国ラスベガスを拠点とする大手の運送会社であり、米国西部で機械、プロの運転手、優れたオンタイム・サービスを提供しています。

コマツアメリカ株式会社は、建設・鉱山機械やユーティリティ(小型機械)などの製造・販売事業で世界で2番目に大きい会社であるコマツの米国子会社です。コマツアメリカは、その他にも、フォークリフトや林業機械事業も扱っています。コマツは、販売代理店を通じ、お客様に最高水準の部品やソリューションを提供し、機械のサポートを実施しており、1世紀近くにわたり高品質で信頼性のある製品を提供し続けています。

お問い合わせ先:
Mitchell Truman
+1-702-348-6370
www.ETON.me
# by jcnnewswire | 2020-01-29 09:49 | Comments(0)

Trintech、「Cadency 8.0」を発表、グローバルな会計情報システムにおけるリーダーシップを拡張_a0390018_09344595.jpg


Cadency 8.0は、業界をリードする新しい財務決算自動化機能(残高照合、仕訳入力、監査準備、およびソフトウェアシステム統合)を提供し、顧客の会計情報システムを拡張

米国テキサス州ダラス, 2020年1月29日 - (JCN Newswire) - 財務決算ソフトウェアのパイオニアであり、リーディングプロバイダであるTrintechは本日、「Cadency 8.0」を発表しました。最新版となるCadencyの包括的な財務管理システム「System of Financial Controls(TM)」では、トランザクションおよびアカウント照合、仕訳入力、監査準備、および財務部門のソフトウェアエコシステムとの統合のための新しい革新的なサポートが提供されます。

Cadencyは、財務決算に必要なすべてのアクティビティを単一のシームレスなプロセスに統合する唯一の財務管理システムであり、オペレーション照合、会社間取引管理、バランスシート調整、仕訳管理、決算タスク管理、コンプライアンス、レポート作成などが含まれます。財務管理システム、強力な統合、高度な自動化を組み合わせることで、組織は会計情報システムを実現し、最終的には、反復的な作業から、組織の戦略的な方向性を推進する価値の高い作業へと焦点を移すことができるようになります。

Trintech の最高製品責任者(CPO)であるMichael Rossは、次のように述べています。「財務決算プロセスは相互に密接に関連したオペレーションであり、8.0では、お客様が一元的なプラットフォームから財務決算のあらゆる側面を管理する可視性と制御を確保できるよう、Cadencyの財務管理システムに多額の投資を続けています。これらの機能強化により、お客様は人工知能(AI)、Risk Intelligent RPA(TM)、ERPボットなどの新興技術を活用して、ERPなどの他のシステムとCadencyの関連性の高いアクティビティを緊密かつ動的に統合することが可能となり、自社の会計情報システムを拡張することができます。」

今回のアップデートの中心となる、Cadency 8.0におけるトランザクションおよびアカウント照合の機能強化は、最終的に信頼性の高い財務諸表の基礎となるものを作成するための迅速性、編成、透明性を向上させるように設計されています。このたび、本ソリューションに新しいレビュー担当者ユーザー・グループが追加され、作成者およびレビュー担当者の設定オプションが強化されたことで、ワークフローの柔軟性と可視性が向上するとともに、職務分掌によるリスク軽減が強化されます。

「仕訳(JE)の投稿を完了するために、財務部門ではRecord to Report(R2R)プロセス全体を通じて、タイムリーかつ完全な可視性を備えている必要があります。」とRossは続けます。「幸いなことに、人工知能が、リスク削減の効率と効果を高める上で、強力な役割を果たすことができます。」AI Risk Rating for JEを使って、適切な担当者がリスクの高い領域をより明確に把握し、管理できるようになります。また、SAP(R)のお客様の効率性と透明性を高めるため、Cadency JEから直接ハイパーリンクを貼ったJournal Entryへのドリルバックにより、SAP(R)のユーザーがCadencyで作成された仕訳入力を裏付ける証拠を確認するために必要なクリック数と手順を大幅に削減します。

財務会計部門の多くが依然として監査プロセスのサポートにおいて大きな負担に直面していることから、CadencyのeBindersには、指定された期間における企業の財務決算プロセスに関する包括的な電子ドキュメントが含まれます。8.0では、eBindersは総勘定元帳バインダーの一括管理も提供しています。さらに、CadencyのDynamic Account Maintenance(TM)(DAM)機能では、DAMジョブおよび関連する手順の変更と更新をログに記録することにより、デューデリジェンスと監査を強化するための新しいユーザーインターフェイスが提供されます。これらの詳細は、必要に応じてより詳細な分析のためにエクスポートすることもできます。

最後に、8.0では、本ソリューションのSAP(R) Certified ERP Connectorによって、SAP(R)とCadency間のタスクのクローズを自動化し、ERPボットが関連するすべての詳細(固定資産の減価償却や仕訳入力など)を自動的に処理できるようにし、SAP(R)のお客様により深化した統合機能と効率性を提供します。さらに、CadencyはERPに依存しないため、SAP(R)、Oracle(R)、NetSuite(R)などのあらゆるERP向けに、事前に構築されたERPコネクタとAPIを提供しています。

Trintechについて

企業の財務パフォーマンス管理(FCPM)ソフトウェアのパイオニアであるTrintech Inc.は、比類のない技術と財務業務の専門知識を組み合わせ、世界レベルの財務オペレーションや見識を提供する、革新的なソフトウェアソリューションをクラウドベースで提供しています。膨大な取引明細の突合作業や日々の残高照合業務の合理化から、バランスシート調整、グループ会社間の内部取引、仕訳入力、ディスクロージャー・レポート、銀行手数料分析の自動化および管理、そしてガバナンス、リスクおよびコンプライアンスに至るまで、Trintechが提供する財務ソリューションの様々な製品(Cadency(R) Platform、Adra(R) Suite、そしてターゲットを絞ったツールであるReconNET(TM)、T-Recs(R)、UPCS(R))を通じて、財務決算プロセスのあらゆる側面を管理します。世界中でFortune 100の大部分を占める3,500以上の企業が、Trintechが提供するクラウドベースのソフトウェアを利用して、継続的に財務業務の効率性、信頼性および戦略展開を向上させています。

Trintechは米国テキサス州ダラスに本社を置き、米国、英国、オーストラリア、シンガポール、フランス、ドイツ、アイルランド、オランダ、北欧諸国に拠点を置いています。南アフリカ、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域にも戦略パートナーと提携して事業展開をしています。Trintechに関する詳細はウェブサイト(www.trintech.com)をご覧いただくか、LinkedIn、Facebook、およびTwitterで当社までお問い合わせください。

お問い合わせ先:
Kelli Shoevlin
+1-972-739-1680
Kelli.Shoevlin@trintech.com

配信元企業: Trintech, Inc.
# by jcnnewswire | 2020-01-29 09:35 | Comments(0)

彼は中本哲史だという噂がある。ウソかもしれないけど、本当だかもしれない。彼はオーキッドオーキッドのようにシンプルな生活をしている。あなたの隣に現れても、彼のことを知らない。時々彼はガソリンスタンドで作業服を着て車をいっぱいにするという噂がある。彼が投資が大きな成功を収め、100年かからないお金を稼いだが、やはりシンプルで生きていることは知っている。彼が北アメリカの山のふもとに隠居していることを謎のように言われている。投資に関するやりとりも約10年に一回やって、まるで彼のお気に入りのアメリカの作家サリンジャーのように、投資の世界で「麦畑の番人」となる。ブロックチェーン技術を調査した際に、ストレージユニットに偶然出会って、次のことを入手した。

1.全世界で最も収益性の高いものは何ですか?
実際、誰もがお金を稼ぐ機会を持っているが、お金を稼ぐ機会があなたの隣に来るとき、しばしばそれを気にかけず、欺かれていると思う。ビットコインといえば、2009年ニューヨークフリースタンダードエクスチェンジで最初に公開された0.0008米ドルから、2017年末23,000米ドルまで、最も収益性の高いコインを取得した。もし、2009年に1,000米ドルを投資すれば、2017年になると年間で280億ドル持つ。ああ!わずか10年足らずに、2800万倍増加した。現在の価格が8,200米ドルであっても、2009年に1,000米ドルを投資すると、125億米ドルを取って、1025万倍増加した。
収益性の高い投資について6つの質問_a0390018_18173044.jpg



ビットコインは間違いなく過去100年間で最も収益性の高い投資プロジェクトであるが、今まで、一部の人々はそれがウソであると言っていたが、すでに事実が証明された。現在、世界中の多くの国と地域でビットコインが使われている。その国に旅行するとき、ビットコインを通じてホテルに滞在したり、航空券を予約したり、毎日通勤したり、燃料車、ケータリングの消費、スーパーマーケットでの買い物、映画鑑賞などを行うことができる。もちろん、一部の国ではそれをサポートしていなく、明示的に禁止している。それにかかわらず、禁止されるほど、ビットコインの価値を反映することである。どの国の法的規制でもその価値に影響を与えない。これは暗号通貨の魅力である。

2.全世界で2番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
資本市場:資本市場では、Li Ka-shingの株式を投資することは最も収益性高い。Li Ka-shingの長江工業株に投資すると、1972年に上場されることで、48年で5000倍増加した。一言で言えば、最初に1,000ドルを投資し、48年後には500万ドルを手にした。

3.全世界で3番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
コンピューター:コンピューター時代、Microsoft株は最も収益性の高いプロジェクトである。1986年にMicrosoftに投資すると、34年で1600倍増加した。一言で言えば、34年後に1,000ドルを最初に投資した場合、160万ドルを手にした。もちろん、Appleでも同じである。
収益性の高い投資について6つの質問_a0390018_18174293.jpg


4.全世界で4番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
Eコマース:Eコマースの時代、Amazonの株式は最も収益性の高いプロジェクトである。1997年にAmazonに投資すると、23年で1341倍増加した。一言で言えば、最初に1,000ドルを投資すれば、23年後130万ドルを手にした。

5.全世界で5番目に収益性の高いプロジェクトは何ですか?
インターネット:依然としてeコマースである。またモバイルインターネット、Alibabaは最高のプロジェクトである。50万元のスタートアップから現在の580億ドルの市場価値まで、アリババは20年で80万倍増加した。
収益性の高い投資について6つの質問_a0390018_18174840.jpg


6.将来最も収益性の高いプロジェクトは何ですか?
多くの国の業界の専門家および一部の上級機関投資家グループは、すでに詳細な調査を実施し、将来最も収益性の高いプロジェクトは依然として暗号通貨分野にあることが分かった。しかし、将来的に暗号通貨は投資利益率の回収時間から見っても、または利益モデルやアプリケーションシナリオを含む価値を創造するためのスペースから見っても、ビットコインと競合する可能性がある。また、市場に上場している5022社に対して分析によると、暗号通貨の分野では、一戦成名BMSアクションスターリアリティショーは、独自のブロックチェーン+映画+スポーツ収益モデルがあり、ボクシングファンと映画ファンに発行される一戦成名BMSアクションスターリアリティショーのFFトークンで生まれる価値がビットコインと比べられる。

メディア連絡先
連絡先:ジェイソン(Jason)
会社名*:fight to fame
住所*:アメリカ・タイ・フランス
ウェブサイト*:http://fight2fame.com/
メール*:hengxing@gmail.com
# by jcnnewswire | 2020-01-24 18:20 | Comments(0)

GEの元最高投資責任者がRainmakerの戦略アドバイザーに就任_a0390018_09580359.jpg


オンタリオ州ピーターバラ, 2020年1月24日 - (JCN Newswire) - Rainmaker Worldwide Inc. (OTC Pink: RAKR)は、Webbs Hill PartnersとそのマネージングパートナーでGEの元最高投資責任者であるAris Kekedjianを2020年1月22日付で戦略アドバイザーに任命いたしましたのでお知らせいたします。


GEの元最高投資責任者がRainmakerの戦略アドバイザーに就任_a0390018_10022201.jpg

Aris Kekedjian - To view an enhanced version of this graphic, please visit: https://orders.newsfilecorp.com/files/6561/51744_24c7e142f48dba1e_002full.jpg


GEの元最高投資責任者がRainmakerの戦略アドバイザーに就任_a0390018_10022715.jpg

Mobile and Scalable Water-as-a-Service (WaaS) System - To view an enhanced version of this graphic, please visit: https://orders.newsfilecorp.com/files/6561/51744_24c7e142f48dba1e_003full.jpg


GEの元最高投資責任者がRainmakerの戦略アドバイザーに就任_a0390018_10023104.jpg

Mobile and Scalable Water-as-a-Service (WaaS) System - Dutch Military - To view an enhanced version of this graphic, please visit: https://orders.newsfilecorp.com/files/6561/51744_24c7e142f48dba1e_004full.jpg


Kekedjianは米ゼネラル・エレクトリック社に30年間勤務し、直近では最高投資責任者を務めました。欧州および中東における国際プラットフォームの構築と運営に豊富な経験を持ち、これまで合計3,000億ドル以上のM&Aを実施してきました。これには、金融サービス業界で最も包括的な再編の1つである、GEオイル&ガスとベーカー・ヒューズの間の300億ドル規模の合併が含まれます。Kekedjianは、産業用モノのインターネット(IIoT)、3Dプリンティング、生命科学分野における破壊的テクノロジーの買収を主導してきました。具体的には、Kekedjianは最近、LM Wind Powerの16億5,000万ドルの買収、GE Distributed Powerの32億5,000万ドルの売却、そしてSuez EnvironmentとCaisse de Depot et Placement du Quebec(CDPQ)によるGE Water and Process Technologiesの34億ドルの買収を取りまとめました。

Webbs Hill Partnersの任命に先立ち、Rainmakerはカナリア諸島で100%再生可能なWater-to-Water(水から水)ソリューションを開発するために、250万ドル相当のEU Horizon 2020 Project助成金を獲得しました。Rainmaker Worldwide Inc.は、独自の技術を使用して、大気から、または再生可能エネルギーを利用して塩分や汚染水から新鮮な飲料水を抽出する、費用対効果が高く、モバイルで拡張性に優れた、2つのWater-as-a-Service(WaaS)システムを開発しました。この21世紀の柔軟なアプローチは、多様で複雑なシナリオにおける持続可能な解決策を用いて、人類の水格差に関する課題に対処するものです。

Rainmaker最高経営責任者(CEO)のMichael Skinnerは、「私はArisと協力して株主価値を高め、ポータブルな飲料水に対する世界的な需要の高まりに対応する最先端のWaaSシステムを構築できることを非常に楽しみにしています。」と述べています。

Kekedjianは「私の目標は、Rainmakerのユニークな機能を商品化するための戦略的パートナー、流通チャネル、および取引を特定することにより、Rainmakerをグローバルな水企業として立ち上げることです。」と述べます。Rainmaker取締役会長のMichael O'Connorは、「複数の関連業界におけるリーダーシップ経験、グローバルネットワーク、および水、再生可能エネルギー、分散型電力セクターにおけるM&Aの実績を持つArisは、Rainmakerのビジョンを実現し、当社のビジネスを拡大するために最適なパートナーです。」と述べました。

Rainmaker Worldwide Inc.は、カナダのピーターバラに本社を置き、オランダのロッテルダムに技術革新と製造センターを持つ株式公開企業です。シンボル(OTC Pink: RAKR)

Rainmaker Worldwide Inc.について

Rainmaker Worldwide, Inc.(OTC:RAKR)は、カナダのピーターバラに本社を置き、オランダのロッテルダムに技術革新と製造センターを構えています。当社の特許取得済みの水技術は、必要な場所で大規模な経済的な飲料水を提供しています。当社の主要なグローバル市場は次のとおりです。
1. 清潔な水を利用できない状態で暮らす8億人以上の人々に安全な飲料水を届けることを当社が支援する人道分野。
2. 排水を浄化するための費用対効果が高く、環境にやさしいソリューションを必要とする、石油・ガス、農業食料、鉱業を中心とする商業部門。

Rainmakerは2種類のエネルギー効率の良い新鮮な水を作り出す技術を開発しています。
1. Air-to-Water(空気から水):空気から新鮮な水を収穫しています。
2. Water-to-Water(水から水):海水または汚染された水を飲料水に変換します。
この技術は風力と太陽光発電の両方で駆動され、どこにでも配備可能で、炭素の痕跡を残しません。また、ハイブリッド、グリッド、ディーゼルエンジン搭載モデルのオプションも提供しています。

Air-to-Waterのユニットには3つの標準サイズがあり、1日あたり5,000、10,000、または20,000リットルの飲料水を生産しています。Water-to-Waterのユニットは、1日あたり37,500、75,000、または150,000リットルの3つの標準サイズで利用できます。人道分野において、Rainmaker技術は、配備されているユニットの数に応じて、200人から3万人のコミュニティに適しています。

私たちの目標は、世界的な水危機を解決するための世界的なリーダーになることです。簡単に言えば、私たちは安全な飲料水がほとんどあるいは全く存在しないところで安全な飲料水を作成しています。利害関係者は、Rainmakerのウェブサイト(http://www.rainmakerww.com)で当社に関する追加情報にアクセスすることができます。シンボル(OTC:RAKR)

将来の見通しに関する記述
この発表では、Rainmakerのビジネスの成長、潜在的な販売提携および/またはクライアント、および関連するビジネス戦略に関する記述、推定、および予測を含んでいます。これらの記述、推定、および予測は、連邦証券法における意味での将来の見通しに関する記述である可能性があります。実際の業績は、様々な要因により異なる可能性があります。Rainmakerは、新しい情報、将来の事象、その他の結果にかかわらず、将来の見通しに関する記述を公式に更新または修正する義務を負いません。この情報の受信者は、将来の見通しに関する記述に過度に依存しないように注意してください。

詳細については、以下までお問い合わせください。

Rainmaker Worldwide Inc.
Michael Skinner 最高経営責任者(CEO)
info@rainmakerww.com
+1-877-334-3820
# by jcnnewswire | 2020-01-24 10:03 | Comments(0)

アゼリス社は、アジアパシフィックリージョンの新しいビデオをリリースしました_a0390018_12433519.jpg


このビデオにおいて、アゼリス社が"Innovation through formulation"という新たなコンセプトの下で活動に邁進していることが紹介されています。

シンガポール, 2020年1月21日 - (JCN Newswire) - アゼリス社は、2019年7月にリリースした"Innovation through formulation"のコーポレートビデオに続き、アジアパシフィックリージョンの新しいビデオをリリースしました。ここでは、アゼリス社が、アジアパシフィックリージョンにおいて過去数年で達成してきた力強い成長についてその背景に触れています。この新たにリリースされたビデオは、アゼリス社がフォーミュレーションやアプリケーションの開発にさらに投資していくことを強調しています。

ポイントと作成の背景
- アゼリス社はアジアパシフィックリージョンのビデオを作成しました。ここでは、この地域において提供されなければならない成長領域と強みについて述べています。
- この新しいビデオは、アゼリス社の戦略がすべてのお客様及び業界の方々に対してイノベーティブなサービスを提案していくということを示しています。
- ビデオはここからアクセスできます。 https://youtu.be/BLUZBZLy9o4

アゼリス社は、パートナー企業との共存共栄の考えをベースに、市場において画期的なソリューションにつながっていくバリューの創造を行っています。会社は日常的に、厳しい市場からの要求や消費トレンドに合った革新的なフォーミュレーションをお客様に提案しています。これは現在展開している25か所のアプリケーションラボにおいて、そこで活動する技術専門家や市場にフォーカスしたセールスチームとの密接な活動によってそれを可能にしています。

アジアパシフィックの活動を紹介するこの新しいビデオは、アゼリス社のグローバルブランドムービーを基本に作成されました。そして、アジアパシフィックリージョンにおけるそれぞれ異なったユニークな文化や組織について触れています。このビデオでは、アゼリス社のCEOが、新しく開設された技術ラボ、異なった業界における活動、300名に達した強力なチームの成長、ワークライフバランス、そしてアゼリス社の社員に均等に与えられているチャンスについて述べています。

ローレン・ナタフ アジアパシフィックCEOのコメント
「我々は、アゼリス社のチームが、アジアパシフィックリージョンにおいて過去数年で達成してきた業績に対し誇りを持っています。それは我々のチームの熱意と献身的な働きにもたらされたものであることは疑う余地もありません。我々は素晴らしい成長を遂げ、お客様やサプライヤー様と強固な関係を築くことができました。今回のビデオは、現在及び将来のパートナー企業の方々に我々が過去数年で成し遂げてきた成長の足跡やプロフェッショナリズムをお見せすることが出来ます。」

問い合せ先
Azelis
Marina Kaptein
Communications Director
E-mail: marina.kaptein@azelis.com

アゼリス社について
アゼリス社は世界40か国以上で展開し、2000名の従業員を擁するスペシャリティケミカル専門商社です。各産業、市場そして技術の専門家集団が、ライフサイエンス及びインダストリアルケミカルの二つの大きなビジネス領域で活動しています。約40000社のお客様に対し、幅広い製品のバリューチェーンを提供し、19億4000万ユーロの売上を達成しています。(2018年)

60か所を超える技術サービスラボを通じ、我々の優秀な技術スタッフがお客様のフォーミュレーション開発のお手伝いをしています。我々は、グローバルと各国の組織の協調によって、お客様に対し信頼できる、総合的なサービスを提供し、また、魅力的なビジネスの機会をサプライヤー様にも提供しています。我々は、社員及びパートナー企業と強固で正直な透明性のある関係を築けるものと信じています。

アイデアは大きな力 Innovation through formulation

www.azelis.com
# by jcnnewswire | 2020-01-21 12:44 | Comments(0)

Jennewein Biotechnologie GmbH、独Nestleに対してヒトミルクオリゴ糖分野で特許権を行使_a0390018_12103575.jpg


ラインブライトバッハ(ドイツ), 2020年1月14日 - (Media OutReach) - Jennewein Biotechnologie GmbHは2020年1月9日にマンハイムの地方裁判所でNestle Nutrition GmbHおよびその持株会社であるNestle Deutschland AGに対し特許侵害訴訟を起こしました。Nestleは、2種類のヒトミルクオリゴ糖(母乳だけに存在するユニークな糖質)を含む乳児用調製粉乳Beba Supremeをドイツで販売しています。Jennewein Biotechnologieの調査結果によると、Nestleは知的財産権のうち、とりわけ欧州特許EP2 896 628およびEP3 131 912(2020年1月22日に保護開始)で保護されている工程で生産される乳児用調製粉乳の製造にヒトミルクオリゴ糖を使用しています。これらの特許がNestleに侵害されています。

Nestleは、ドイツ以外の国でもヒトミルクオリゴ糖を含む乳児用食品を販売しているため、Jenneweinは現在、Illuma、SMA、NAN、Gerber Good Startなどの製品の製造による、対応する外国特許の推定される侵害に対する対策を調査しています。

この発表の内容について、発行者は単独で責任を負うものとします。

HMOについて
ヒトミルクオリゴ糖(HMO)は、母乳にのみ存在する複合糖分子です。水を除くと、脂肪と乳糖に次いで3番目に豊富な母乳成分です。200以上の構造の異なるHMOが特定されています。最も豊富なHMOは2'-フコシルラクトースで、授乳中の母親の約80%が最高3 g/Lの濃度で産生します。科学的研究で、HMO、とりわけ2'-フコシルラクトースが乳児の健康と発育にプラスの影響を与えることが示されています。HMOはプレバイオティクスであり、つまり、有益な微生物の成長を特異的に促進すると同時に、コロニー形成を直接および間接的に防ぐことで病原体の成長を抑制します。Jennewein Biotechnologieは2015年に2'-フコシルラクトースを世界のベビーフード市場に投入、世界中の乳児用ミルクのいくつかには現在、2'-フコシルラクトース(例えばAbbott Similac)が含まれています。

Jennewein Biotechnologieについて
Jennewein Biotechnologieは、複合オリゴ糖(HMO)と希少単糖分野で幅広い製品を提供する国際的な大手工業バイオテクノロジー企業です。同社は、2'-フコシルラクトース、3'-フコシルラクトース、ラクト-N-テトラオースなどの革新的なHMO製品の広範なポートフォリオを製造しています。これらの希少糖は、食品産業(とりわけ乳児用調合乳)、製薬産業、化粧品産業で使用されています。製造工程には、最先端の発酵技術が使用されています。米食品医薬品局(FDA)は2015年、Jennewein Biotechnologieに米国内での2'-フコシルラクトースの販売を認可しました。2017年には、欧州食品安全機関(EFSA)も新規食品規制に基づき販売を認可しました。

報道関係者からのお問い合わせ先:
Dr. Bettina Gutierrez
電話: +49 2224 98810 797
bettina.gutierrez@jennewein-biotech.de
# by jcnnewswire | 2020-01-14 12:10 | Comments(0)

6月18日にフェイスブック傘下の世界デジタル暗号化通貨Libraの公式サイトがオープンした。これで世論が沸騰した。

Libraは簡単な国境のない通貨、数十億人にサービスする金融インフラを構築する。libraの発行計画はまだ成功していないが、世界中の金融と通貨システムに衝撃を与えた。

ブロックチェーンの透明性、安全性、脱中心化性などの優位性はすでに人々の広範な共通認識を得ていた。ブロックチェーン技術の優位から利益を得たいと思っても、フランスドルの保証(信頼と安定性など)を失いたくない人は、何らかの安定した暗号化貨幣が必要である。

これは安定貨幣の意味で、Libraが国境のない貨幣、チェーン上のデジタル生態、普遍的な金融の設計を創立したおかげで、MANGO Chainの原形が生まれた。

しかし、Libraと違って、MANGO Chainは、より徹底的で、より全面的なクロスチェーン金融の生態は、世界の安定貨幣よりもっと現段階の解決案にふさわしいと考えている。

Libraの苦境

なぜクロスチェーン金融を考慮しないのか?これはlibraの特性によって決定された。

Libraのすごいところは、単にデジタル通貨項目ではなく、ブロックチェーン技術、分散組織、決済システム、国際貿易システムを組み合わせた総合的な製品であることにある。

安定貨幣であるから、Libra備蓄は100%銀行預金と短期国債に連結されており、安定性、低インフレ率、全世界で広く受け入れられ、交換できる優勢を持っている。したがって、単に支払手段から見ると、その実行可能性と着地可能性は、現在のどのようなブロックチェーンプロジェクトよりも優れている。

USDTも安定貨幣であり、流動性もいいであるが、Omni、ERC20、TRC20の3つのネットしかないで、しかも主体信用、組織構造、貨幣価値の安定と生態構造の面ではLibraに及ばないである。

Libraは一定の程度でブロックチェーン業界の「希望」を背負っているが、現在の規則では、新しいものの出現には必ず抵抗があり、特に主権国家の通貨主権を脅かす「新しいもの」である。

Libraの陣容と抱負はとても大きくて、世界を変えることもできる。しかし、世界金融システムはすでに既定の形になっていた。このステップは飛ぶのが速すぎて、着地するのは簡単ではないである。

また、前に述べたように、1種の通貨として、Libraは天然に商業銀行と類似のリスクに直面している。監督問題を除いて、超発、取り付け及びプライバシー漏洩のリスクなど、Libraにとって全部直面しなければならない問題である。
ビジネス銀行の道を行くと、Libraは珍しくブロックチェーンの属性を持つが、脱中心化はまたLibraの貨幣属性を制限する。貨幣業務の特性は透明であればあるほど、取り付けが起こりやすいからである。

このように、Libraの苦境は、一斑を見ることができる。

より着地的な総合的な解決策

全世界の安定貨幣システムとして、Libraの結果はこの道が通用できないかもしれない。市場は安定、高効率、着地の解決策が必要である。

プロジェクトの担当者によると、MGPの設計目標は、M-DPOSコンセンサス機構、分散ストレージ、ダイナミック価格、耐量子計算、クロスチェーン操作など様々な技術をサポートするグローバルベースチェーンである。

言い換えれば、MGPはある局部の革新ではなく、広い範囲、高い緯度の革新である。

なぜクロスチェーン金融というコースを狙っているか?ご存知のように、クロスチェーンの本質は一連のチェーンとチェーンの間の清算メカニズムであり、清算の本質は正確な記帳である。

しかし、ブロックチェーン技術の実現の角度かそれとも商業応用の角度かに関わらず、一連の帳簿は正確な記帳を実現することができないのである。逆に、無数のブロックチェーンが相次いで出現していることは、ブロックチェーンの世界がハヤックが描いた自由市場の方向に向かって発展していることを示している。

清算能力はいかなる価値交換市場の存在の基礎であり、便利な清算がなければ、市場は流動性に乏しくなり、更に繁栄する市場は現れない。

取引所の仲介メカニズムと違って、クロスチェーンメカニズムは分散方式によってより基礎的な清算能力を提供する。MGPの最も重要な機能は取引清算であり、これは現段階のブロックチェーン応用市場の重要な需要である。

MGPの利点は、異なる種類のブロックチェーンのクロスチェーン操作を同時にサポートしており、クロスチェーンのシーンがより豊富であることである。これ以外にも、監視ノードを導入し、新型DAG構造を設計することで、技術的に高い信頼、高速、高透明性の取引を実現する。

クロスチェーンだけでなく、Libraと同様に、MGPにも安定貨幣システムがあるが、mBTCはMGPチェーンに基づいて、価格はBTCを狙う。

Libraができる無料、高速、フランス円の両替、それも同じくできる。

なぜ無料なのか?一般的には、悪意の攻撃を防止し、鉱山労働者の積極性を高めるために、公鎖振替はいずれも手数料を取る必要があり、MGPは前者の二つの問題を解決したので、従来の公鎖では実現できなかった三つの特徴--即時入金、手数料ゼロと高い安全性を同時に実現することができた。

Libraの同行者MANGO Chain:「コンセンサス至上」のチェーン上金融新生態を構築する_a0390018_00041718.jpg


支払手段、取引速度または実行可能性においても、MGPはより着地した解決策であり、これも高周波取引業界との結合の基礎を定めていた。

またコミュニティの生態に言及して、デジタル経済の時代で、データは新しい肝心な生産の要素になって、価値があるデータは一種の希少な資源になる。

フェイスブックのユーザーデータのコントロールは中心化である。ユーザーは公式のプライバシー保護にあまり信頼していない。Libraの通貨属性もこのような透明化の敏感性を作り出していた。ブロックチェーンの設計原則と衝突している。これは現在の段階ではまだ生態と信用システムが完全に確立されていないことを示している。

デジタル経済の時代に、いったんユーザーと外部の主体の間に信頼がないと、データと情報の真実性と有効性に対する認識ができなくなる。したがって、生態化されたデジタル経済の要求はすべてのユーザーに向ける社会信用システムが形成できることである。

そのため、MANGO Chainはこのショートボードを補い、将来のデジタル経済のインフラストラクチャプラットフォームとして、MGPはプラットフォームサービスの対象をリンクすることによって、決済業務を処理し、資金増値サービスを提供し、外部サービス機構をリンクして、信用システムを再構築する目的を達成する。

言い換えれば、MGPのコミュニティ生態は開放化され、標準化され、公平化されており、多くの主体が存在する中で安全で、監督管理地に適合して情報を処理することが保証できる。この点もブロックチェーンの設計原理にぴったり合致している。

またコミュニティの治理について言及し、ブロックチェーンプロジェクトの分布式の属性を考慮して、管理構造は従来から一つの手を焼く問題である。管理モードの探索は長期的で、繰り返し改善する過程であり、遭遇する難題は多くある。例えばブロックチェーン関連の共通認識メカニズムと伝統的な方策決定メカニズムは互換性がない。

Libraも非常に現実的にスタート段階の折衷案を提出したが、つまり許可制ネットワーク(permissioned network)Libra協会が管理と運営を行う。同協会は当初、地域を跨いで多様な背景を持つ創始メンバーで構成されていたが、プロジェクトの発展に伴い、同協会のメンバー資格は一連の高い参入許可のしきい値基準から、Libraトークンを持つ単一の要求にのみ基づくものとなる。

PayPal、Mastercard、Visaなどの会社が相次いで退出した後に、更にこの管理のモードが早急に改善することを説明して、このモードは検証されなければならなくて、しかもしばらくも検証の段階に達することができない。

サービス施設の完備は、ユーザー、インフラストラクチャサービス側、外部サービス側の多方面の参与と協調が必要で、利益の執行方、政策の継続、政策の透明性などの要素を明確にしなければならないことなどである。どのようにこのシステムを設計するかは非常に重要である。

MGPコミュニティガバナンス構造の利点は、コミュニティメンバーに十分な激励と自治権を与えていることである。

豊富な採掘奨励を提供し、コミュニティ投票制度を実行する以外に、コミュニティ管理の基本ルールを知能契約に書き込んで、システムによって自動的に実行される。これによってコミュニティメンバーの利益を十分に守り、ルールの安定性を守る。

公開性を保証し、チェーン上での合意を維持するために、MGPは選挙制度を厳格に規範化するとともに、コミュニティ委員会の職責権益を充実させ、コミュニティ自治の完全運行を確保する。

MGPも専門家顧問団、実行委員会、決定委員会といった類似のキャラクターを作っていたが、結局、Libraのデザインは会社化の管理に偏っていた。普通の貨幣を持つユーザーには意思決定権がない。MGP生態の重大事件と戦略的決定はすべての証書保有者の投票で決定される。これもMGPとLbiraの最大の違いである。

着地可能性を考慮して、Libraはインフラプロジェクトに属している。立法者と監督者は絶対的な利益関係者である。彼らはLibraの前進方向を大きく決定する。

MGPのクロスチェーン金融の生態の試みに比べて、より多く考慮するのは実行可能性であるが、Libraは世界の多国別と地区の監督管理要求をバランスさせる必要がある。この点で遭遇する抵抗はかなり大きいである。

グローバル化のプロセスでは、Libraは非常に困難な道を歩み出そうとしている。主にチェーン上の金融生態、より実行可能性、着地性のあるMGPは現在の監督管理環境の下で受け入れやすい解決策となる。

チェーン上の共通認識の作成者と実施者

MGPでは、Libraは「先行者」であるが、「同行者」でもある。

歴史は無数の「先行者」によって検証され、無数の「同行者」が必要となり、MGPはこのように世界を変える機会に条件を作った。

「コンセンサス至上主義」の社会では、開放的、分散的な思想が主流である。つまり、すべての人は自分の合法的な労働成果をコントロールする固有の権利を有し、人々は分散化した管理形式をますます信用していく。

コードは法律であり、共通認識は価値である。MGPは、技術だけがルールとして使えると考えているので、契約書で生態基準を書き込んだ。共通認識だけが最高価値である。だから、コミュニティ委員会を中心化管理機関に代わる。

MGPの使命は、責権の平等、情報の安全、底辺の安定のクロスチェーン金融生態を構築し、すべての人にサービスするグローバルなオープンノードネットワークを作成することである。

Libraは世界の安定貨幣システムであり、巨大な社交ネットワークとユーザーのキャリアを通じて世界の金融構造に衝撃を与える。
MANGOはインフラストラクチャの共通チェーンであり、「合意以上」のコミュニティ委員会を通じて、クロスチェーン金融の新しい生態を構築する。

MGPは転覆ではなく、革新であり、衝撃ではなく創造である。

アリは小さいが、木を揺り動かすこともできる。蝶は軽いが、波を引くこともできる。MGPはブロックチェーンの世界のほんの一歩かもしれないが、クロスチェーン金融生態の大きな一歩である。

Libraの方向はよく分からない。技術が大爆発した時代には、ブロックチェーンプロジェクトの台頭とフェージングももはや偶然ではない。しかし、より効率的で、着地的で、論理的なプラットフォームはより信頼できる選択になる。MGPは新たな、分散的な、「コンセンサス至上」のチェーン上の金融生態系に進化すると信じている。

MIO FOUNDATION LTD.
Curry
langudi0727@gmail.com
www.mgpchain.com
# by jcnnewswire | 2020-01-09 00:04 | Comments(0)