人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!_a0390018_16113212.jpg


Tokyo, 2021年6月11日 - (JCN Newswire) - 最初の数少ないIT技術者が進めてからだんだん十数年も発展してきたが、伝統的な金融機関が介入してしまうデジタル通貨は、管理のない仮想通貨資本市場になり、暗号化学説原理に基づき、匿名で口座を開設することができるため、保有者は世界中に散らばっており、犯罪や不正取引などで得た資金が仮想通貨の市場に転々と移動されています。

最近、大型銘柄が全面安の展開となる中、ビットコインも40日間という短い期間で64000から30000に下落を見せることで、後期の仮想通貨圏に進出した投資家にかなり巨額の損失を引き起こしました。Elon Muskが推薦したDogecoinをはじめとするコピーキャットコインの値下がりの幅が60%に達したため、まったくゼロサムゲームで、自分のアイドルに騙されてユーザーの利益を害しかねないです。
Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!_a0390018_16123017.jpg

最近、投資信託に目が鋭い中東経営者、世界有名な心理学者、数学者、シリコンバレーの先端技術者、ウォールストリートのヘッジファンド創始者であるRichard Xを取材しました。彼は石油ファンドと共同で発行した新たなエモーショナルコイン——Angrycoin(中国語名称:アングリーコイン)が、先安に対抗するために急激なブームを巻き起こした衝撃のデジタル通貨です。

インタビューの一部の会話内容は以下の通り(Q&A,reporter and Richard X):

Q:Angrycoinとは何ですか?

A:暗号化通貨市場が下落を見せる一方で、将来安くなる株価だと思った投資家は、Angrycoinすなわち先安に対抗するエモーショナルコインを買い注文することにしました。つまり、ビットコインやエーテルコインなどの1万種類銘柄が全面安の展開となる場合、Angrycoinを買い注文した投資家は収益を獲得でき、コインの反面のように先安で数多くの売り注文した投資家のネガティブな態度が表現され、リバース機能を持つということです。

Q:Angrycoinにはどんな機能がありますか?

A:投資家にとって、Angrycoinは仮想通貨の「INSURコイン」であり、厳密に言えば保険ではないが、ヘッジング機能を持つということです。ビットコインなどの銘柄が全面安の展開となる場合、Angrycoinを買い注文した投資家は利益を無限大にすることが可能です。

Q:なぜAngrycoinの価格変動に影響を与えますか?

A:まずは、金融株式市場が全面安の展開となり、コピーキャット、主流コインやテクノロジーコインを対象に投資の失敗による巨額損失を出した投資家は、通常、投資家は感情を調整しながら、全体的に沈静化してきた雰囲気に溢れており、先安に対抗するエモーショナルコインを買い注文する人数も増えるかもしれません。

第二、大手投資家にとっては、金融株式市場の値上がりする続く中、市場取引を行う余地はほとんどありません。その時、Angrycoinは、彼らの資本をより効率的にすることでき、新たな強気の支柱となるでしょう。

第三、1万種類以上の銘柄の中では、投資家がロングとショートでホットスポットを切り替えているときに、Angrycoinだけが利益を得られるということです。

第四、数多くの銘柄値段が将来高くなると思われている投資家にとっては、同じ様に先安に対抗して収益を獲得する必要があります。

Q:アングリーコインと、市場に発売しているETFなど、先安に対抗する先物、オプション商品との違いは何ですか?

A:今、先安に対抗するため、市場に発売している金融派生ツールオプション、先物、オプション、先物指数はレバレッジが利用できるにもかかわらず、充実してません。世界のデジタル通貨取引所のトップ3のうちの1つは、ビットコインのレバレッジドショート契約のブローアウト率が85%以上というデータを持っています。いわゆるブローアウト率とは、投資家が元本まで失ってしまうことで、市場のショートツールがこれらの投資家にスーパーリスクを経験させているように見えます。また、巨額損失のない逆投資であるETF商品への市場注目度や出来高が低いため、デジタル通貨の弱気な市場の深度を真に反映しているとは言えません。

アングリーコインは、投資家が弱気な市場でもレバレッジを利用せずに普通に投資できるトークンとして、ある意味で、常に市場に対する投資家の信頼度を測る尺度のもう一方の端として存在し、機能を果たしていることが、米国のデジタル通貨投資家に評価され、期待されています。

Q:アングリーコインのsloganとビジョンは何ですか?

A:Angrycoinは、新たなデジタル通貨先安の天敵です。グローバルデジタル通貨の先安相場を作り出すことで、75億人口がデジタル通貨を保有するAngry universeの実現に努めています。

Q:Angrycoinは市場に受け入れられると思いますか?

A:世の中のすべての新しいものは、人々に受け入れられるためのプロセスが必要です。Angrycoinは、この特別な時代に高度に発達した金融学、心理学、ディストリビューションアルゴリズム、社会哲学のデジタル通貨市場に直面する製品であり、ビットコインのように認知される段階を経るかも知れないが、下落して損失が発生したときに感じるのは投資家だけです。Angrycoinのアイデンティティと暖かさの感覚は、投資家自身が体験する必要があります。

短い間に、Richard Xをインタビューしたことで、伝統的な金融観点から見ると、仮想通貨は価値のない、一時的な価格しかない仮想の商品であることに気づきました。価値がないため、Dogecoin、SHIB、PIGコインといった動物コインを中心に急激なブームを起こしています。投資家は思わず買い注文をやりたくなり、数倍、数十百倍の収益から今直接損失に出られ、騰落率が激しく、元金さえ保証できないことは本当にスリリングな金融投資です。
Angrycoin——アングリーコイン、デジタル通貨先安天敵の新登場!_a0390018_16123982.jpg

個人投資家は、資本市場の貢献者です。表面的な現象を分析することで自分の投資感情を形成し、その感情が自己催眠によって投資家の自信へと発展していくのです。しかし、値上がりする時期は長くは続かず、弱気な市場が来たときに、市場の低迷とともにこれらの自信は負の感情に戻り、失敗の結果は自分自身への怒りにつながり、怒りの唯一の理由は "貪欲"であり、利益を把握するために自分の失敗のために大きなダメージと怒りにつながった、現在の読者は、あなたも同じ気持ちを持っているかどうか? これこそが、アングリーコインが生まれた使命なのかもしれませんね。

Media Contact
Company: Angrycoin Global Alliance
Contact Person: QiQi
Email: contact@angrycoin.com
Website: www.angrycoin.com
# by jcnnewswire | 2021-06-11 16:14 | Comments(0)

昭和電工、塩素化ポリエチレンの国内販売価格改定を発表_a0390018_16513288.jpg


東京, 2021年6月11日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)は、合成樹脂の一種である塩素化ポリエチレン(商標名:エラスレン(R))の国内販売価格を引き上げることを決定致しました。

1.価格改定の内容

1) 値上げ幅
エラスレン(R) 粉末 25円/kg以上
エラスレン(R) シート 35円/kg以上

2) 実施時期
2021年7月1日出荷分より適用

2.価格改定の背景

昨今の原燃料高を背景とした主原料、各種ユーティリティの高騰、安定生産のための設備維持や環境対応の投資、及び物流費などの諸経費が上昇しています。

当社はこれまでも、物流や生産の合理化などによるコストダウンに努めてまいりましたが、自助努力の限界を超える状況に至っております。今後も両製品の安定供給を維持するためには、お客様に一部負担をお願いせざるを得ないとの結論に達しました。

エラスレン(R)は、ポリエチレンの分子構造に含まれる水素の一部が塩素に置き換わることでポリエチレンの結晶性が崩れ、柔軟な特性を持った特長あるポリマーです。エラスレン(R)は難燃・耐油・耐候性があり、自動車用ホース・電線被覆材の原料や、樹脂の改質材(難燃性、耐衝撃性付与)として利用されています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2021/41221.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235
# by jcnnewswire | 2021-06-11 11:49 | Comments(0)

MoonstakeがDeFi.orgと提携 新たな暗号資産・DeFiプロジェクトを加速_a0390018_16121250.jpg


SINGAPORE, 2021年6月10日 - (JCN Newswire) - DeFi.orgとMoonstake(ムーンステーク)は本日、DeFi.orgアクセラレータプログラムの一環となるパートナーシップ提携を発表しました。これにより、Moonstakeは、Binance(バイナンス)やOrbs(オーブス)を創設パートナーとするアクセラレータプログラムに参加することになります。この取り組みでは、Moonstakeはポートフォリオ候補企業のスクリーニングや事業サポートに積極的に参加し、ブロックチェーンと分散型台帳技術の認知度、及び採用導入を推進することを目的としており、共同で研究や、トレーニング、イベントやカンファレンスなどの開催をしていきます。
MoonstakeがDeFi.orgと提携 新たな暗号資産・DeFiプロジェクトを加速_a0390018_18044037.jpg

Moonstakeは、アジア最大のステーキングネットワークの構築を目指して、2020年にステーキング事業を開始しました。それ以来、2,000を超える暗号通貨をサポートする最もユーザーフレンドリーなWebウォレットとモバイルウォレット( iOS / Android )を開発してきました。2020年8月に本格的な事業が開始された後、ムーンステークにステーキングされた総資産額は急速に成長しており、現在すでに約1,000億円、世界トップ10のステーキングプロバイダーの1つになりました。現在、Moonstakeは、Cosmos、IRIS、Ontology、Harmony、Tezos、Cardano、Qtum、Polkadot、Quras、Centrality、Orbs、そしてIOSTの12のコインをサポートしています。

DeFi.orgは、新しいプロジェクトと DeFi プロトコルの開発に寄与するアクセラレータであり、次のイノベーションの波を起こしていきます。DeFi.orgは業界のリーダーであるOrbsとBinanceによるジョイントベンチャーです。このアクセラレータ・プログラムでは、リサーチや、オープンソースソフトウェアの開発支援、およびコミュニティの活性化を、有望なプロジェクトに提供すること活動の中心としています。これらを通じて、支援先の有望なプロジェクトが、公正な分配の原則を守り、コミュニティの所有意識を高め、イノベーションを推進し、リスクに対して責任あるアプローチを行い、持続可能な経済や、より広いエコシステムとの融合を目指しています。

MoonstakeのCEO、Lawrence Lin(ローレンス・リン)は次のように述べています。「ムーンステークは、グローバルなステーキングプロバイダーの上位10社となりました。その立場から当社のパートナーでもあるOrbsと世界的な大手取引所Binanceによって設立されたアクセラレータープログラムであるDeFi.orgと協力して、暗号資産とDeFiの領域で革新的で新しいプロジェクトを市場に投入していけることを嬉しく思います。私たちのプラットフォームにステーキングされた1,000億円以上の資産をはじめ、プラットフォームが技術サポートしているステーキングコインの強力なラインナップ、そして経験豊富な開発チームにより、MoonstakeはDeFi.orgエコシステムのポートフォリオ企業に対して大きな流動性を提供すること、そして重要な技術コンサルティングの両方を提供していきます。」

また、Orbsの社長であるDaniel Peled(ダニエル・ペレド)は次のように述べています。「流動性供給と開発支援の取り組みは、常に暗号資産とDeFi分野のスタートアップにとって最大の関心事でもあります。そしてこれが、私たちが世界をリードするステーキングプラットフォームであるMoonstake と提携した理由です。私達のコラボレーションが、DeFi.orgの業界専門家チームにとっても大きな価値をもたらすこととなり、開発支援と流動性供給の需要をもっている支援先の新しいプロジェクトの加速に役立つと確信しています。」

Moonstakeについて

Moonstakeは世界各地域のブロックチェーン市場で高まる需要に答えるステーキングプールプロトコルを開発することを目的に、近年設立されました。Moonstakeはステーキングプールの技術プロトコルを開発し、パートナーや企業にビジネスサービスを提供しています。

Moonstakeは暗号資産保有者にアクティブに活動しやすい環境を提供することで、アジア最大のステーキングプールネットワークになることを目指しています。主要なプラットフォーム提供者と良好な関係を構築し、Emurgo、Ontology、NEOといったコアブロックチェーンに加え、日本最大のブロックチェーンハブであるBinarystar、シンガポール上場企業のOIO Holdings Limited(SGX: OIO)があります。また、LiskやRAMP DEFIのLawrence Limといった業界で著名なアドバイザーによって、Moonstakeの革新的な活動は支援されています。

2020年8月に本格的にサービス提供を開始し、事業を拡大しており、現在ではステーキングされた総資産額は1,000億円以上の実績を持っています。 https://www.moonstake.io/

DeFi.orgについて

DeFi.orgアクセラレータは、調査やオープンソースソフトウェアの開発、およびコミュニティ活性化をサポートを専門としています。このアクセラレータプログラムは、公正な分配や、コミュニティ所有のあり方の確立、イノベーション推進、リスクに対する責任あるアプローチ、持続可能な経済の実現、そして、より広範なエコシステムとの組み合わせ可能性を原則として構築された素晴らしいプロジェクトを探しています。

参加者は、メンターシップ、資金調達の機会、市場への露出機会の獲得など、さまざまなメリットを享受できます。

興味のあるプロジェクトチームは https://defi.org/ から参加申し込みください。
# by jcnnewswire | 2021-06-10 18:04 | Comments(0)

昭和電工、Seagate社と次世代記録技術「HAMR」対応HDメディアの共同開発契約を締結_a0390018_16513288.jpg


東京, 2021年6月10日 - (JCN Newswire) - 昭和電工株式会社(社長:森川 宏平)とSeagate Singapore International Headquarters Pte. Ltd. (以下、Seagate社) は、ハードディスクドライブ(以下、HDD)の次世代記録技術である熱アシスト磁気記録(以下、HAMR(注))に対応した次世代ハードディスクメディアを共同開発する契約を締結いたしました。

当社は、HAMRに対応した技術として、従来のハードディスクメディアでは実現困難とみられていたFePt合金の超高温規則化温度を実現しつつ量産を可能とするメディア製造技術に目途をつけ、FePt新磁性体を開発いたしました。

Seagate社は、HDD業界においてHAMR対応HDDの技術開発を長年リードしてきており、今後、当社とSeagate社との間で締結された共同開発契約に基づき、当社が開発したFePt新磁性体および当社とSeagate社が将来共同で開発する同磁性体を評価いたします。この協業により、両社のHAMR対応HDD関連技術の開発スピードを一層加速いたします。

第5世代移動通信(5G)のサービス開始、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の普及やテレワークの浸透、デジタルトランスフォーメーションの進展・拡大などにより、新たに生成されるデータ量は今後とも飛躍的に増大することが見込まれています。それに伴いそれらのデータを保管するデータセンター向けHDDは1台当たりの記憶容量の増大がこれまで以上に重要な課題となってきております。

当社グループは、個性派企業(収益性と安定性を高レベルで維持できる個性派事業の連合体)の実現をVision(目指す姿)としており、ハードディスク事業を当社の個性派事業のコアの一つと位置付けています。今後も“ベスト・イン・クラス”をモットーに、世界最大のHDメディア専業メーカーとして、HAMR、MAMR(マイクロ波アシスト記録方式)などの次世代記録技術に対応した業界最高クラスの製品をいち早く市場に投入し、HDDの高容量化に貢献してまいります。

注 熱アシスト磁気記録(Heat Assisted Magnetic Recording、略称:HAMR)
HDDの記憶容量をするためにはHDメディアの高密度化が必須ですが、そのために必要な「微細な粒子構造」、「耐熱揺らぎ性能」、「磁化のしやすさ」の3要素を同時に満足させることは困難でした(「磁気記録のトリレンマ」)。これを解決するために、記録時に磁性膜を局所的に加熱して記録を助けるのが「熱アシスト磁気記録方式」(HAMR)です。これにより、従来の磁気記録方法を用いたHDメディアの記録密度が約1.14Tb/in2であるのに対し、将来には5~6Tb/in2を実現できるといわれており、同じディスク枚数であれば、3.5インチHDD1台当たり70~80TB程度の記録容量が実現可能と想定されています。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
https://www.sdk.co.jp/news/2021/38021.html

概要:昭和電工株式会社

詳細は www.sdk.co.jp をご覧ください。

お問い合わせ先
CSR・コミュニケーション室
03-5470-3235
# by jcnnewswire | 2021-06-10 16:46 | Comments(0)

ホービー取引所でデビュー、IQEの取引システムが強力に_a0390018_18371873.jpg


Hong Kong, 2021年6月9日 - (JCN Newswire) - MCTP (マルチ-エクスチェンジ-クリプト-アービトラージ-トレーディング-プール)、すなわち、取引モデルの基礎を形成し、デジタル資産取引の革新的な方法として広く宣伝されている IQE リミテッドの裁定取引システムの事がMCTPなのですが、今年 3 月に ホービー取引所でデビューしました。ホービーは、取引量の面で世界最大の仮想通貨取引所です。
ホービー取引所でデビュー、IQEの取引システムが強力に_a0390018_18373984.jpg

暗号通貨の裁定取引に割り当てられたすべての資金を共通のプールに貯めておき、割り当てられた重みに従って各取引所に資金を割り当てる MCTP の取引モデルは、裁定取引のリスクのより分散化と取引収益の一貫性を確保するように設計されています。

IQE リミテッドが発表した最新の結果によると、IQE トレーディング システムは、今年初めに完全な運用ステータスを獲得して以来、ホービー取引所で非常に優れたパフォーマンスを発揮し、同社の裁定取引の収益を大幅に押し上げました。

IQE リミテッド のマネージング ディレクターである リチャード・クラネンボルグは、このトレーディング システムのホービー取引所での強力なデビューを「ビジネスの基盤を拡大する機会」と見なし、「市場、技術、収益の成長の点で大きな前進を意味する」と述べています。

クラネンボルグ氏はさらに次のように付け加えています。現在、このシステムを他の2つの主要な取引所に展開することに積極的に取り組んでおり、今年の第3四半期頃に、これを達成したいと考えています。

IQE リミテッドは、「ホービー取引所でのIQEトレーディングシステムのデビューは大きな進展であり、多様化を通じてリスクを下げるだけでなく、投資家に大きな利益をもたらすことを可能にする重要な動きであり、私たちは 弊社がこれを達成したことを誇りに思います。」と声明で発表しています。

Company: IQE Limited
Contact Person: Carl Lee, PR Representative
Email: carl@mail-iqe.com
Website: https://iqe-treasure.com/
# by jcnnewswire | 2021-06-09 18:37 | Comments(0)